スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

僕は仕事を辞めることにした

 昨年7月に収入が低いと文句を言っていた。年内には仕事を変えるとまで言っていた。夏の暑い日にハローワークに行った。何度か行って、途中で行かなくなってしまった。正直言うと、迷っていたのだ。今やっている介護の業界でステップアップして行こうという気持ちがあまりなくて、どちらかと言うと仕事が辛いから逃げたい気持ちの方が強かった。もう介護はやめようと思っていた。だが、ほかの業界に進もうと思っても、経験がない。そもそも何をやりたいのかもわからない。適当に求人を探してみても、詐欺のような胡散臭い求人(失礼かもしれない)ばかりがヒットする。そんなものに将来を賭けるのは如何なものかと思ってしまった。結局、迷ったまま、転職できずに年越しそばを職場で食べ、辞めたいと思っている職場で新年を迎えた。

 介護業界でスキルアップを目指そうと決意したのは今月に入ってからだ。本当につい最近のことだ。それまでは逃げよう、逃げようとしか思っていなかった。逃げられる限界のところまで、とことん逃げてやろうと思っていた。だから、僕は一生アルバイト生活のまま、定年を迎え、定年後も生活ができないのでアルバイトをするかもしれないと思っていた。苦しい想像だった。
 今月初め、思い立って、ハローワークに行き、特に求人も検索しないまま、職員に相談をした時のことだ。「特にやりたい仕事がないが収入が低いので転職したい」と伝えた。職員は曖昧なことばかり言って、特に求人を紹介しようという気もないようだった。当然だ。やりたいことがない人に何を言えというのだ。その職員は、どうしたらいいのか困った様子で、もごもごと小さな声で喋っていた。その姿が自分と重なった。きっと、今の僕はこの人のように、自信なさげに小さな声で、ブツブツ文句を言うだけで、何も解決しようとしていないのだろう。僕は職員の態度と自分のだらしなさに焦れったさを感じ、「わかりました。もう一度求人を検索してみます」と言って、席を立った。
 介護業界で仕事を続けて行くことが一番楽で早く収入を上げることができる道だと思った。そこで介護の経験が活かせるように求人を探した。妻にも求人票を見てもらい、意見を聞くなどした。今月からまた就職活動を始めることにした。今年こそ、義父の墓前にいい報告がしたかった。

 今月始めに、家から近くて、検索した中で一番条件のいい求人に応募した。面接があり、2日後には採用の連絡があった。正社員としての採用だった。僕が正社員?なんだか似合わない気がした。ほぼ10年、縁がなかった言葉だ。
 人生で一番運がよかったような気がする。先方からの連絡は決まって、僕が休みの日で、すぐに応答できた。スムーズに事が進んだ。採用の連絡は夜勤の日の朝だった。その日のうちに今の職場に退職届を提出した。

 最初に就職した会社を辞めてから今まで無職だったり、アルバイトを転々としたりして、家族や友人には心配をかけていた。支えられながら、今までやってきたが、期待に答えることができなかった。不甲斐なかった。逃げたいと思っていた自分を恥ずかしく思う。これから、少しでも恩返しできればと思っている。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。