スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

船越漁港の牡蠣小屋



 1シーズンに二度ほど行くようになった牡蠣小屋。この冬もまた訪れた。今回は船越漁港のマルハチというお店に入った。カキを一盛りとサザエを一盛り、それとカキフライ、地タコの旨煮、ネギトロ丼、味噌汁を注文した。



 寒い一日だった。暖かなカキフライは体を温めてくれた。



 牡蠣飯はサービスらしい。席に着いたら、すでに置かれていた。牡蠣飯も焼き牡蠣もカキフライも実にうまかった。ネギトロ丼もよかった。中でも、地タコの旨煮は僕の気に入った。

 サザエはこれから先、二度と食べないと思う。泡を吹き出し、いい感じに焼けてそうなサザエ。身を取り出してみるとグロテスクに艶めいていた。火が通っているのか疑問に思うほど、黒く生々しく、つるつるとしており、プルンと揺れる。妻がニヤニヤしながら見ている。僕は絶叫するシルベスター・スタローン並に口を歪めて開き、頬張った。それは随分と磯の香りが強かった。波打ち際の砂浜をそのまま掬って口に入れている感覚だった。「なん、これ。全然おいしくない。生かもしれん」と言って、ぐちゃぐちゃと噛み砕き飲み込んだ。飲み込んでしまった。妻も食べたら生っぽかったと言って笑った。それ以降、妻はよく焼いて食べていた。見ると、先程のグロテスクな黒くプルプルとした外観のない、よく焼けたサザエの身だった。僕は半生のサザエがすでにトラウマのようになっており、もう食べる気になれなかった。今後一生食べない気がする。

 他人のテーブルを覗くと、ホタテがうまそうだった。次に行った時にはホタテを食べよう、と心の中で思った。そして、店を出ると、何度も何度も心の中で練習した「次はホタテを食べよう」というセリフを妻に言った。おいしそうやったね、と妻も言った。入り口の行列は僕たちが入った時よりも長くなっていた。みんな牡蠣小屋が好きなのかもしれない。

 もう2016年、平成28年が終わる。今年はじめには介護福祉士の国家試験があり、なんとか合格することができた。仕事の上で、あまり成長することはできなかった。ただ、少し寛容になった程度だ。イライラしてばかりいたが、最近は諦めて、イライラしても仕方がないと思うようになった。仕事を変えようと思ってハローワークに何回か通ったが、成果は上げられなかった。株式市場は今日が取引最終日、大納会だった。株を始めてずっとマイナスだったが、ここに来て、やっとほんの少しプラスになった。来年は本当に欲しいと思った銘柄を買うようにしたい(じゃあ今まで何を買ってたんだよ)。
 大晦日は仕事だ。職場で年越しをすることになった。本当は家でゆっくりとしていたい。2017年0時00分になった瞬間にすでに働いているから、ささやかなご褒美が欲しい。いや、札束をくれ!札束が欲しい!そういう邪な気持ちしかない。何かくれよ、ふざけんじゃねえよ。僕は日本の忍耐強い寡黙な侍とはかけ離れた、クズのような人間になってしまった。文句ばかり言っていたせいか、12月になって天罰が下り、二度も風邪を引いてしまった。来年はこころを入れ替えて、忍耐強くやって行きたい。
 今年は色々と準備する年だった。不要なものを排除するためにお金も時間も使ってしまった。来年は巻き返す。人生を取り戻すための第一歩の年にするつもりで臨む。

 皆様、本年もお世話になりました。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。