スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

実家の犬

 妻の実家に行った。義母が留守にするという。留守中、ペットの犬を外に出し、排泄をさせないといけないらしかった。到着するとすぐに犬を外に出した。犬は妻に懐いていて、久しぶりの再会に喜んでいる様子だった。また、人が好きで、僕に対しても尻尾を振り、興奮した様子で足元に転がって来た。ハーネスを装着し、妻に言われて家の周囲を散歩させた。家の裏手の少し広くなった敷地で、犬は地面の匂いを嗅ぎながら前進する。犬の前方に、何かの排泄物が転がっていた。犬は匂いを嗅ぐ。「それはうんこや。いかん」と手綱を引っ張った。瞬間、犬は排泄物に齧り付いた。「あ!」と小さく叫び、妻の名を呼んだ。「ハチがうんこ食べた」と言ったが、妻は家の中に入ったらしく、どこにもいなかった。ハチは歩き出す。庭園風に配置された岩の横手でハチは足を開き気味にして踏ん張り、排泄物を排出した。

 家に上がり込み、ハチを部屋へと連れて行った。抱き上げた時、顔や口を舐められた。うわー、と思った。妻も口を舐められたので、水道で洗っていた。部屋に入れるとハチは忙しなく動き回り、足元に転がって、撫でてと言わんばかりに腹を見せた。帰らねばならなかった。排泄させるためだけに立ち寄った。ハチは「行かないで」とでも言うように寂しげな鳴き声を出した。愛しかった。

 帰りにうどん屋で、なかなか美味いうどんを食った。ハチの齧り付いた排泄物の細菌がうどんと一緒に僕の内蔵に入り込んでいく気がした。どうでもよかった。すでに風邪を引いており、体調が悪かった。たとえ体内に細菌が入り込んで、どうにかなっても体調を崩しているという事実には変わりはなかった。うどんは暖かかった。体が温まった。幸せだった。妻と二人で過ごす時間は好きだ。二人で、おいしいね、と言って過ごす時間がとても幸せだった。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。