スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

頭骨

 彼はオシャレな洋服店に入ると、暑くもないのに額にびっしょりと汗をかいた。オシャレな洋服店の店員は皆おしゃれだった。高身長で、すらりとしており、足が長く、整った顔立ちをした者ばかりだった。きょろきょろと周りを見回すと客も皆すらりとしており、顔立ちの美しい男ばかりだった。彼は身長が著しく低い訳ではなかったが、頭が大きく、顔が平らで、他人には薄い印象を与え、全体的に骨太で、足が短かった。スタイルが悪い、と彼は自分を恥じていた。きらびやかな店内に自分がいるのは如何にも場違いな気がしていた。バッグからハンカチを取り出し、額の汗を拭った。拭っても拭っても汗は吹き出した。
 骨格ばかりはどう努力しても変更の効かないものだった。彼は頭骨を小さく見せるため、筋力トレーニングを行い、体を大きくしようとした。胸や肩の筋肉を発達させたが、爆発的に筋肉量を増やすことなどできなかった。彼はボディビルダーになりたい訳ではなかったのだ。彼はオシャレをしたかった。彼の発達した三角筋は、日本人向けに作られた洋服の肩幅と襟元に悲鳴を上げさせた。大胸筋と広背筋はさほど大きくはなかったが、日本の若い青年にぴったりとフィットする素敵なジャケットの胸囲を裂こうとした。
 彼が店内を徘徊し、商品を物色していると、整った顔立ちの店員が詰め寄ってきた。「よかったらご試着どうぞ。サイズもお出ししますよ」彼は狼狽えて、辺りをキョロキョロと見回し、目の前のジャケットを手に取った。店員は彼のバッグを預かり、ジャケットを彼に着させた。ジャケットは彼の体には合わなかった。店員の視線が彼の額の汗をとらえたことを彼は気づいた。変な人だと思われているかもしれない、と彼は思い、緊張が増した。汗は止まらなかった。呼吸がうまくできなかった。
 客は少なからず緊張するし、挙動不審にもなると店員はわかっている。彼はそう思った。はじめてオシャレをしようと思っても、どうして良いのかわからない、勝手の分からない店に入って緊張するのは当たり前だ。店員は寛容であり、わかってくれているから、遠慮せずに相談するべきだ。
 彼は控えめながらも、「肩が張る感じがします」と感想を述べ、ワンサイズ上のものがないかと聞いた。「確かに“少し”肩が張っている感じがしますね」と彼の肩に手を入れ、ジャケットを力任せに肩の形状に合わせようとして断念した店員は言った。「上のサイズがないか確認して参ります」店員が店舗奥へと消えていくのを見届けると、再びハンカチで額の汗を拭った。店員が戻って来るまで数分かかった。彼は、店員がバックヤードで「こういう客が来ていて、肩幅は全然広く見えないんだけど、なぜか着せるとジャケットの肩が裂けちまいそうだ」と別の店員と談笑している姿を想像し、汗を拭き、また汗を流した。
 店員の持ってきた先ほどよりもワンサイズ大きいジャケットを試着し、やはり肩の辺りが窮屈な気がし、店員に訴えた。店員はジャケットの肩のところに手を入れ、押し込み、ジャケットそのものの形状を変えにかかった。「ほら、さきほどと違って、ぴったりとしていますよ」と言った。そして商品説明を始めるのだった。そのジャケットのデザインは彼の気に入った。しかし、サイズは合っていなかった。もし、1年前の彼だったら、店員の話に洗脳されるようにして、高額なジャケットを買っていたことだろう。彼は1年前の騙され易い彼ではなかった。彼はほんの少しだけ、決める前に考える癖を付けていた。「考えてみます」とそのまま自分の頭の中に浮かんだ言葉を店員に伝えて、店を出た。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。