FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2016



 佐賀のバルーンフェスタに行くのはこれで4度目だった。今日は最終日だった。15時から始まる競技は、会場外から飛び立った気球が、会場内の目的に向かって飛んでくる。鍵を模したものを掴むことから、キー・グラブ・レースと言うらしかった。
 日差しがあり、寒いと思って厚着していた僕は汗が滲んでくるのを感じた。風が吹いていた。電車に乗り、会場に向かった。昼過ぎの出発だった。バルーンフェスタ開催中のみ設置されるバルーンさが駅に降り立ったのは14時頃のことだった。嘉瀬川の河川敷の土手を人が埋め尽くしていた。みんな気球が飛ぶ姿を見たかった。楽しみにしていた。それぞれの人、それぞれの家族が、空に浮かぶ気球に夢を抱いて、集まっていた。みんな幸せだった。その瞬間がとても幸せだった。仮設のトイレは汚くても、幸福であれば構わなかった。
 河川敷を妻と二人で歩いていた。アナウンスがあった。強風のため競技は中止となったことを伝えていた。到着して15分も経たないくらいだった。これで4度目だ。気球が空を飛んでいる姿を今回も見られなかった。一体4度も何をしに行っているのだろう。しかも今回は気球が会場外から飛んでくるというものなので、会場内に気球は一つもなかった。バルーンフェスタ、気球の祭りなのに、一つも気球を見ることができなかった。到着して最速でやることがなくなった。寂しい祭りだった。やることのなくなった会場内では気球のバーナー体験教室のようなものが開かれていた。バーナーから火が吹き出していた。風船状のあの袋はなかった。炎のみが空に向かって吹き上げていた。
 炎に熱せられた空気が風船状の袋を膨らませ、浮力を持ち浮かび上がる。気球は想像上のものでしかない。
 出店で食べ物を買い、土手にレジャーシートを敷いて食べた。うまかった。風が心地よかった。「帰ろうか」と言い、帰って来た。帰宅した僕は「物足りない」と言って、駄々をこねた。外では大人しくしていたが、家に帰った瞬間、床に転がって。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。