梅雨は気の重い

 昨年の今頃何をしていたのか見返していた。昨年6月は3つしか記事を書いていなかった。しかも今と同じように体調が悪いと言っている。やはり6月というのは体調が悪くなるのだろうか。
 去年と同じく、今月は職場で気の重くなるような仕事が控えている。僕の性格的に全くその仕事に合っていないのだ。それというのは僕が担当する入居者の誕生日会なのだが、そういうイベントを計画して、実行するのが苦手なのだ。もちろん入居者のことを祝いたい気持ちはあるのだが、どうも気が重い。
 誕生日と言えば、ハッピーバースデイの歌だ。僕は酷く音痴で、歌を歌っても、それが何の歌なのか誰もわからない。誰かの前で唄おうとすると声が出なくて、息苦しくなってくる(中学生の時の音楽集会で発作を起こし失神したくらいだ)。苦手意識を持つのはよくないのだが、どうも恐怖心も相まって、やはり声が出ない。だったら声を出さずにイベントを進行する方法を編み出したらいいと思い、去年はハッピーバースデイの歌が収録されたCDを自腹で購入して、職場に持ち込んだ。

「卑怯とは言うまいね」

 それ以降というもの、他のスタッフたちもCDを利用するようになった。何楽してんだ、唄え!このCDは僕にだけ使用を許された専用のCDなんだ。とは言わない。実はもう一つ誕生日の歌のCDを買っているから、今年は去年とは違ったバージョン(英語なんだよなあ・・・)で音楽を流して祝おうか。去年買って職場に置いてあるバースデーソングのCDは次々に利用されているせいか、どんどんボロボロになっている。この前はケースを開けたら中身が入っていなかった。どこに行ったのかと思ったら、ディスクだけが転がっていた(どんな扱いしてるんだよ)。

 問題がある。職場のCDプレーヤーがジャンク化しつつあるのだ。なんで職場にあるものは次々にジャンクになるんだ。まさか、CDプレイヤーを自腹か?ふざけんじゃねえ。誕生日会までに何とかしなければ。正直言って、クソの処理より、こうしたイベントに関わる方が苦痛だ。クソの処理は最初は「くっせー!汚え!」と思うが、慣れたら「くっっっせぇえええ!!!きったねええ!!!」程度で済むのだ。それよりも、人前で喋ったり歌ったりしなければならない状況に追い込まれる方が問題だ。精神的に追い詰められたら負けだ。真っ向勝負はできない。適当にやるしかない。

 そう、適当にやるしかない。テキトーに。これはよく言われた。お前は真面目にやりすぎるんだよ、と。登山にタバコとライターしか持ってこなかった超テキトーな友人に言われたことだ。テキトーでいいんだよ。

 だから、僕は歌はCDに歌わせておいて、司会進行は他のスタッフに土下座してでも頼むのだ。みんなの前で発作を起こして、奇声を上げて卒倒したくはない。逃げと言えば逃げ。しかし逃げも戦法。楽していると思われても構わない。働いたら負けかなと思ってる。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR