FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

遠くで声がする

 数年振りに電車の中で発作を起こし、死ぬのではないか、と思った。僕は度々こうした「死ぬのではないか」という発作を起こしていたが、ここ数年は症状が全く現れなかった。だから症状を抑えるような薬も飲んでいなかった。そもそも、その薬が「死ぬのではないか」という発作を抑えてくれるのかさえわからない。

 乗車してすぐ僕はスマホ中毒者のようにスマホを見ていた。ある駅を過ぎるとスマホをポケットに仕舞い込み、辺りをキョロキョロと眺めまわした。早朝の電車内には乗客が多かった。都会のあの通勤地獄には及ばないが、それでも僕の視界を曇らせるには十分な人混みだった。
 予感はあった。多分「死ぬのではないか」という予感だ。最初はなんだか胸が苦しいような、気持ちが悪いような感じだ。吐き気のようなものが強くなってくる。次第に目の前が暗くなる。立っていることが苦痛でたまらなくなり、手すりか何かに寄りかかる。視界が砂嵐に巻き込まれたように狭くなり「ああ死ぬ!」と思う。意識は遠のき、遠くの方で荒い呼吸音が聴こえる。脂汗が額から滝のように流れ落ちる。指先が痺れ始めたかと思うと、ピンと伸びてしまい、自力で拳をにぎることが困難なほど硬直する。おそらく、この手の硬直を初めて経験したら「ああ死ぬ!」と思うはずだ。僕は駅のホームのベンチに座り、遠くの方にある自分の硬直しきった両の手指を交互に折り畳もうと試みる。片方が折りたためたら、もう片方の指を折りたたむ。しかし、先に折りたためた指は手を離した瞬間にまたピンと伸びきって硬直する。目を異常なまでに見開き、僕は硬直した手を何度も何度も折りたたもうとしている。誰かが見たらおかしな人間だと思うかもしれないし、僕自身、自分の頭がおかしいと思う。今までの僕は失われ、もう元に戻れないと思う。元に戻れないと思えば思うほど恐怖を覚え、恐怖に食い尽くされそうになる。性状を維持できず、恐怖に屈し、僕はもう元には戻れない。

「死ぬのではないか」

 失神したのは一度だけだ。それも初めての発作での出来事だ。中学校の集会での事で、意識を失い床に倒れ、体育館中に響き渡るほど絶叫しながら、痙攣を起こしていたらしい。覚えているのは、真っ暗闇の中、遠くの方で「あー、あー!」と喘ぐ声が聞こえた事だ。そして、僕は今家で寝ているのだ、と呑気に思ったことも覚えている。覚醒してみてまず目に入ったのは、一つ下の学年が振り返って、倒れた僕の顔を好奇の眼差しで覗き込んでいる光景だった。僕は1組だったので前列は一つ下の学年になる訳だ。ということは後列には同学年が控えており、奴らは僕の頭頂部から足元までをも見下して、無様に痙攣した僕を見ていたことになる。あまり考えたくない。
 その時は一体何が起こったのかわからなかった。なんだか恥ずかしかったことを覚えている。教師二人に肩を抱えられ、自力で歩けず、そのまま引きずられるように保健室に担ぎ込まれた。その後1時間ほど眠り込むと僕は「死ぬのではないか」という恐怖をまるで忘れたかのように元気に教室に戻った。失神した上に眠る事が出来たので回復は早かったと思う。

 ただ、今日はストレスがずっと掛かった状態で、回復が思うように行かず、午前中は青白い顔で働き続けた。上を向くと急に眩暈がした。胸のあたりがいつまでも重苦しく、気分が悪かった。休める仕事だったらどんなに良かっただろう。
 都会で働いていた時、朝の渋谷行き電車で発作を起こし、中目黒駅で降車すると、発作が落ち着くのを待ち、そのまま横浜行きに乗り換えて帰宅した事があった。部屋に帰り、職場に連絡もせずに午後まで眠り込んだ。今日もそうしたかった。

「死ぬのではないか」

 頻繁ではないが、僕は時折こうした発作を起こしている。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。