スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

緑色

 14~16日の3日間を長野県の実家で過ごしていた。妻に御柱祭を見せてあげたかった。御柱祭というのは7年に一度執り行われる諏訪地方最大の行事(お祭り)である。ざっくり概要を説明すると、山から大木を切り取り、その柱を諏訪大社というお宮まで人の力だけで引っ張って行き、お宮の四隅に柱を立てるという祭りなのだ。人の力で長い距離を引っ張って行く訳だから、人々が力を合わせることが必要となる。大きな柱が道路を進み出すのを見るのはなかなか迫力があってよかった。御柱を曳行する氏子たちの「よいさ、よいさ」という掛け声が今でも聴こえてくる。「協力一致でお願いだ」という木遣りの高い声が聴こえてくる。時には神頼みで「山の神様、お願いだ」という高らかな声に力を合わせ、大木は大地を進む。小学生の頃、木遣りを唄ったことを思い出す。地区の古びた公民館に集まって、木遣りを唄うのだ。あんな高い声、今ではもう出ないだろう。

 妻は諏訪地方の人々の特徴を観察し、「みんな大きくて平らな顔をしており、体も大きい。みんな同じ顔に見える」と言っていた。そう言われてみれば、そんな気がした。僕は客観的な意見を聞き、自分に流れる縄文の頃より受け継がれてきた血というもの、そんな土着的なものを意識した。顔が大きいから、みんな猫背気味なのかもしれない。

 実家で両親や妹の顔を久しぶりに見ることができた。妹の長女と今年生まれたばかりの次女とも顔を合わせた。長女の方は「おいちゃんは嫌」と抱っこを拒否するようになっていた。地味に傷ついた。実家は実にいいものだった。

 16日には福岡県某所にある家に帰って来、初めて丸二日以上のお留守番をして怯えてしまった猫の天ちゃんと再会した。いつもなら妻が帰ると必ず玄関まで迎えに出てくるのだが(なぜか僕が帰ると迎えに来ない・・・)、この日は家の奥の方でじっと様子を覗っていた。
 17日になると喉に違和感を覚え、それ以来体調を崩してしまった。1週間が経過するのにまだ回復しない。緑色の鼻水が出て、緑色の痰が無限に出る。こんな調子でずっとやっている。
 今日は夜勤明けで、1時間残業して帰って来た。鼻づまりが酷くて、痰が絡むので口でも呼吸しづらい。一体どこで呼吸したら良いのだ?時折、発作的な咳き込みがあり、頭痛がする。おもしろくない。おもしろくないんだ。体調が良い時は面白いし、自分のいいようになった時は面白いんだ。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。