スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

目が見えない

 以前通院していた心療内科がいつの間にか移転していることを、通りかかった道路の看板で知った。前は《職場の最寄駅の傍にあるビル》に入っていたが、今は一つ隣の駅のビルにあるようだった。確かに以前の《あのビル》は明らかに老朽化しており、テナントは次々と撤退しているようだった。おそらく、《あのビル》はぼつぼつ取り壊されるのだろう。僕の家の最寄駅側に移転すればいいのに、遠い方向へと移ってしまった。定期券で行くことはできない訳だ。とはいえ今はもう通院していない。あの先生はなかなか面白かったが、もう一生会わない事だろう。

 看板を横目に僕は長崎の波佐見町へと向かっていた。タイヤがツルツルになった妻のフィットを運転して。助手席の妻に「タイヤくらい僕が買ってあげるよ」と運転技術の不安をタイヤに押し付けながら言っていた。事故ったらすべてをタイヤのせいにしようと卑怯な考えを抱いていたのだ。
 天候に恵まれ、強烈な紫外線が降り注いでいたので、僕はサングラスをかけて運転していた。紫外線99%カットの視界が結構暗くなるようなものだ。これで目の疲労を抑えられるはずだ。福岡から鳥栖JCTにかけて渋滞しているということで、鳥栖JCTを超え、東脊振ICから高速道路に乗った。高速道路の高速さに体がガチガチに固まり、凄まじく手に汗握り、ハンドルが滑りそうになった。時速90キロほどで左車線を走り続けた。いくつか短いトンネルを越え、長いトンネルがあった。
 おかしい、見えない。真っ暗でほとんど見えない。前の車両のテールランプが辛うじて見える。目が疲れてしまったのか。もう疲れてしまったのか。以前佐世保まで運転した時は、まだこの場所では疲れていなかったのに。暗い、暗い、真っ暗だ!
 車は蛇行していた。妻が危ないと強い口調で言う。僕は目が見えない、真っ暗だと叫ぶ。

「サングラスだ!サングラスのせいで道が見えない!取ってくれ!」

「自分で取ればいいやん」

 僕は自分でサングラスを外し、持ち直した。

 陶芸の町、波佐見町で数点の陶器を購入して帰って来た。帰りは渋滞している鳥栖JCTをまた避けて、東脊振ICで下りて、那珂川に抜ける峠道を越えて帰って来た。その峠道は妻が運転してくれた。「よかった、ここを任せなくて。絶対事故ってた」と言われたくらい、ちょっと怖い道だった。

 シルバーウィークの渋滞をすべて回避する形で道を選んで帰って来た。帰りに家の近くのラーメン屋でラーメンを食べて来た。替え玉までしてしまった。それでも昨日の夜勤と今日の運転のせいか神経が磨り減った分、体重は思ったより増えていなかった。
 体重70.4kg、体脂肪率18.1%だった(前の記事から1kg減っているのか)。ラーメン分かなり体重が増えていると思ったが。

 運転、疲れたなあ・・・
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。