スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あんた、もういい歳したおっさんやろ

 一通りの家事を済ませ、床にどかっと腰を下ろすと手の届く位置にあった本棚から一冊のカビ臭い本を取り出した。あるページを開き、声に出して読んでみた。舌足らずでどもり気味の朗読だった。誰かに聞かれたり、姿を見られたりしたら、おかしな人だと思われたに違いない。でも僕にはそれが心地よかった。声を出すとすっきりした。

 コーヒーを立て続けに2杯胃に落とし込んだが眠かった。ちゃんと寝ているはずなのに。起床から大して時間も経っていないのに。寝ている時間はなかった。僕は昼食を作り始めた。メニューはいつもの如く簡単なもの、親子丼だ。簡単でも自分で作っていた方が、余計なものが入らないからいいのだ。作っているうちに妻が仕事から帰り、猫もお腹が空いたと訴えた。食事が済むと間もなく妻と出かけた。
 妻の用事で車のディーラーに行った。用事を済ませた後、僕が「私が運転しよう!」と妻に申し出た。じゃあよろしくということで運転を変わった。営業担当の人が後方で「オーライ、オーライ」と言って手を振ってくれていた。その姿をサイドミラーで確認しながらバックしたが、営業担当者の表情がかなり微妙だった。僕の運転が下手だったからだ。いい歳して、とてつもなくゆっくりと後退するものだから、営業担当は必要以上に「オーライ、オーライ!」と叫ぶのだった。「この人は一体何をやっているのだろう」という営業担当の痛い眼差しを後頭部に感じながら、僕はそれでもゆっくりと後退し、ゆっくりとディーラーを後にした。頭髪の後退はハイスピードだったが、自動車の後退は未だに緩やかだ。これは村で一番のろまと称された祖父ゆずりかもしれない。本当にいい歳して何をやっているのだろう。体ばかりデカくなって・・・(この表現は友人が学生時代に好んで使っていたな、懐かしい・・・)。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。