スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

写真で振り返る友人との旅

yujintaku001.jpg

 キレイで、オシャレな友人の家。懐かしい格闘ゲームをやった。ボブディランのTシャツを着て、足を伸ばしているのが僕である。時計は午前4時前を指している。そろそろ帰り支度をしなければと思案しているが、なかなか動けずにいた。5時出発羽田行バスに乗り遅れたら、もう後がないのに。

ticket001.jpg

 友人に無理してもらい、なんとかたまプラーザ駅に到着。友人に丁寧に教えてもらって、羽田行のバスのチケットを購入することができた。チケットの時刻は4時57分となっている。本当にギリギリだった。友人が的確な運転をしてくれて、一切道に迷わずに到着してくれたおかげだ。本当に的確な運転だった・・・。この辺りで手間取っていたら、僕は帰って来られなかった。

bus001.jpg

 バス会社の人が丁寧に荷物を預かってくれた。丁寧なサービスだ。

bus002.jpg

 ここで友人と別れ、羽田空港へ。5時たまプラーザ駅発、5時45分着羽田空港行バスの出発。やはり一人だと心細い。羽田空港第1ビルへと向かっている車中、ずっと寝ていた。危うく第1ビルを寝過ごすところだったが、乗客が降りはじめていることに気付いて、どこかもわからずに降りてみたら、運よく第1ビルだった。ここで乗り過ごしてから、他の乗客に「第1ビルはまだですか?」と聞いていたら、絶望していたことだろう。

 何も知らない人が旅行をするのは難しいけれど、それはとても楽しいことでもあった。わからないことが多すぎる。その時は本当に辛くもあるけれど、後になってみたら、楽しかった。僕には普段の生活において、友人というものが欠けている。僕は地方出身で、大学も九州でなく、シズオカだった。だから、福岡、佐賀の両県に友人はいない。休日に友人と出かける楽しみがない。だから、結婚式に行ったらたまたま知っていた友人がいたり、会社見学に行った企業で友人が管理部の人だったりした時は、嬉しかった。友人と銀座のオシャレなバーに入っていくだけでも、僕にとっては大冒険だった。ジョジョの奇妙な冒険第3部では、友人の少なそうな主人公たちがエジプトへと旅をする。仲間の死にも合うが、最後にポルナレフが「皆がいたから、この旅は楽しかった」というようなセリフを言う。それは本当のような気がした。僕は楽しかった。東京という街に着いた瞬間には、その雑踏の中でホームシックになったが、帰って来たらまた行きたくなった。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。