眠いだろう

「薄いですけど、どうぞ」

事務員さんはそう言うとテーブルの上にコーヒーの入った紙コップを置いて出て行った。控え室で弁当を食べていた僕は「あ、ありがとうございます」と礼を言いながら、その紙コップをジロジロと眺めた。弁当を食べ終えると、コーヒーを「ズズズ」と飲んだ。事務員さんはなぜコーヒーを置いて行ったのだろう、僕はそれについて考えを巡らせた。

「よっぽど眠そうな表情をして働いていたのだろう」

最終的に僕はそう考えた。確かに眠く、極めて執拗なほど持続性のあるダルさを抱えていた。どうかすると肉体労働中に寝落ちするのではないかというくらい僕は眠かった。今も眠い。おそらく明日も眠い。きっと夢の中でさ眠いだろう。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR