不具合?

片付けが終わらない。今日は棚の足の下にフェルトテープを貼り、モノを収めていく作業をしていた。それだけでほぼ1日終わってしまった。だが、20近くあったダンボールが、今では2つにまで減った。大分片付いてきたが、ただダンボールから出して床に置いている状態のものもあるので、片付けはまだまだ続きそうだ。

住んでみると快適な面もあるけれど、不便なところも見えてくる。例えば、キッチンの引き出しの底が剥がれて抜けそうになっていた。内見の際には取り扱い説明書などの束を『北斗の拳』の獄長ウイグルのように無理矢理小さな処に詰め込んであったので、それを取り出してみようなどとは考えもしなかった。全体的にリフォームされていて、キレイなのだが、そのキッチンの抽斗を含めた下の棚の中身は、かなりチープな作りになっていた。見た目には気付かないが、棚の素材の強度が、中国のカンフー映画に出てくる建物や家具と同等である。少し重いものを乗せただけで、板が軋み、しなって湾曲するのだ。あと数ミリ指一本で押し込んだとすると割れてしまいそうな危うさを感じる。

電気や換気扇のスイッチの位置もかなり不便だ。右開きのドアに対して、スイッチが右にあるものだから、一度ドアを開けて電気や換気扇が点いていない事に気付いたら、再びドアを閉めてからスイッチを押すしかない。毎回とても残念な気分になるのだ。スイッチが左側に点いていたらな、と。



それと・・・これは仕様なのか、配線のミスなのか知らないが、不可解なことがある。

「トイレ入口の換気扇のスイッチを押す。トイレの換気扇が動き出す」

これはわかる。

「洗面所入口の換気扇のスイッチを押す。トイレの換気扇が動き出す」

なぜなのか?

洗面所には確かに換気扇の通風口があるのだが、ニートのように全く働こうとしない。

キッチンの抽斗の事で連絡したばかりだし、管理会社への問い合わせがもう面倒だ。

幸い、ラップ音や湿気、カビ、漏水、通路の電灯の点滅、モンスター隣人などのホラー小説のように心理的に追い詰めてくるような事象は現状見られない。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR