スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

『限りなく0円に近い引越料金』

 今朝、電話が鳴った。某引っ越し業者からだった。『価格.com』で一括申請した業者のうちの一つだ。他社に見積もりを予約していたので、その業者はお断りさせてもらった。その後も引っ越し業者から一本電話がかかってきた。

 僕は引っ越し料金の相場を調べようと思ったのだが・・・。『価格.com』で見積もりを一括で申請するまではよかったが、業者が実際に家に来ないことには料金はわからないことに気づき、酷く面倒になった。僕は荷物と移動距離を同じ条件にして、業者の料金を一括で表示させたかった。ある業者のホームページに行くと、簡単見積もり検索ができる。荷物の量と住所と引っ越し先を入力するとおおよその料金が表示される。うまく言えないけれど、僕は価格.comで、すべての業者の料金を表示させたかった。それを参考にして、業者を決定するものだと思い込んで、一括見積もり申請をしたのだった。するとどうだろう、すべての業者の料金を知るためには、すべての業者を家に招き入れ、それぞれに見積もりを出してもらう必要があった。なかなか手間がかかる。

 いや、待てよ。すべての業者を同じ日の同じ時間帯に見積もりに来させ、見積もり競争をさせ、『限りなく0円に近い引っ越し料金』にさせるという手があったのではないか?いくら「精一杯割引させて頂きます」と言っても、競争相手がその場にいなければ、相場を知らない僕にとっては高く見積もられてもわからないだろうし、たとえ納得していなくても、断りづらく、首を縦に振らずにはいられなくなるだろう。業者を一斉に呼び寄せて、見積もりをさせる。それが可能なら、やってみるのも面白い。誰か実際にそういうことをした人はいるだろうか?

 僕の家で引っ越しの競りが行われ、業者たちが料金を次々に提示していく。その値段は安くなり続け、最安値を提示したところで、誰もそれ以下の料金を言えなくなった時に、じゃあそちらの業者さんにお願いします、と言えるだろう。僕はその引っ越し料金見積もり競り市の夢を見ながら、おやすみなさい。

 ちなみに今回はレスポンスが最速だったサカイ引越センターの見積もり予約をした。サカイ引越センターは不用品の買取・廃棄のサービスもしているとのことだったので、料金が詐欺的でない限り決定するだろう。僕はTポイントが貯まるアート引越センターを希望していたが、オペレーターに問い合わせると不用品回収は行っていないとのことだった(リサイクル家電のみ買い取りをしているらしい)。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。