引っ越しどうする?

 4月下旬に引っ越しを予定している。今回の引越しは業者を使わずに、自分たちの力でするつもりでいた。新居に19日に入居し、今のアパートは4月末日退去となっているので、10日余りの時間がある。物を少しずつ運び出していけば、引っ越しの費用が発生しなくて済むという訳だ。

 しかし、自分たちの力で、とは言ったものの、奥さんは重い物が持てないだろうから、ほぼ僕一人で荷物を運ぶことになるだろう。そう思った時、自分の部屋を見回して、ちょっとうんざりし始めた。大きな家具家電はないものの、やはり冷蔵庫や洗濯機、ダンボールに入った本などを自力で運ぶとなると、仕事の合間を縫って作業することも考慮に入れてみたら、かなり疲れてしまうはずだ。冷蔵庫や洗濯機も自力で運べると高を括っていたら、階段で躓いたりなんかして、一緒に転げ落ちてしまうかもしれない。当然大怪我をする訳で、当分の間、仕事が出来ず、収入もなく、下手したら新居を早々に退去させられた上に違約金も発生してしまうだろう。

 不用品の処分にも困っている。冷蔵庫はまだしばらく使うことにして、新居に持っていくことになった。新しい冷蔵庫を購入した際に、回収してもらう予定だ。だが、ベッドはもう注文済みで、今使用しているものは処分しなければならない。予定としてはレンタカーを用意して、地域のリサイクルセンターへ持ち込もうと思っていた。自治体の回収日は間近になっており、処分するにしても早過ぎて、当分床で寝なければならなくなるので没にした。しかし、レンタカーを借りるのも手間と費用がかかってくる。

 自力で引っ越しをしようと思うと、やることが沢山あって、気が遠くなるような感覚になった。以前不用品の処分に困っているとブログに書いてみたら、引っ越し業者が不用品の処分をしてくれる、というアドバイスを頂いた。費用はそこそこ掛かるかもしれないが、ここは一番楽な方法を選んだ方がいいかもしれない。

 引っ越しを手伝ってくれるような友人もいないことだし、下手をしたらマズイし、疲れるし、自分だけで作業をしたら、すゔぇての責任が自分一人にのしかかってくる気がして、非常にリスキーで、損ばかりするような気がしてならないので、業者に荷物の運搬と不用品の処分を一度にしてもらうことにした。その方が安全かつスピーディーであるから、僕は何も損をしない。

 さっそく引っ越し料金の見積もりを「価格.com」で数社に一括で申請した。申請ボタンを押した瞬間に某大手引っ越しを業者から電話がかかってきた、22時近くにも拘らず。さすが大手である。

「夜分遅くに申し訳ありません。某大手引っ越し業者です!」

 業者のオペレーターは高い声で喋り出した。来月の始めに見積もりに来るらしい。そして明日の午前7~8時の間に再度確認の電話をかけてくるというのだ。このオペレーターは夜22時になっても働いて、明日の朝7時には既に働いているというのか。それとも夜勤なのか?ネットのボタンを押した瞬間に電話をかけてくる反射神経を持ち、どこまでも働き続ける体力を備えている、さすがプロのオペレーターである。

 一括見積もりを申請したから、あと数社同じような連絡があり、自宅に見積もりに押し寄せてくるのかと思ったら、酷く面倒になった。幸い、他社はメール連絡で、僕の方から連絡してくれと送ってよこした。それにしても申請ボタンを押した瞬間に他社もかなりの行数のメールを一瞬で作成し、我先にと送って来ているから凄い。熾烈な競争が繰り広げられているという訳だ。365日24時間無休でオペレーターが常駐し、ネットで申請ボタンが押された瞬間にメールまたは電話を、パソコン画面が次ページに遷移するかしないかのうちに返す。他者との競争により凄まじいレスポンスが実現しているのだ。ちなみに今日電話をかけてきた某大手引っ越し業者サカイ引っ越しセンターは電話をする数フレ前にメールも送っていた。凄まじいオペレーションである。ということで、僕は某大手業者に引っ越しを依頼することを大方決めた。

 あとは見積もりをしてもらってから決めていくつもりだ。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR