スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本当は休みのはずだった

ある気がかりから3時間ほどしか眠れなかった。午前4時の暗がりの向こうに信号機の移り変わりを、ギラギラとした目で見ていた。6時を過ぎるとベッドから抜け出し、顔を洗い、服装を整えて外に出た。駅まで散歩した。散歩とは言ってみたが、それには目的があった。けれども、ちょっと込み入っているし、とても眠く疲れているので、省略する。とにかく、この散歩で1日の体力の大半を消費していたはずだ。

アパートに戻って、洗濯をした。朝食を摂ったあとにコインランドリーに行った。洗濯物が乾燥機の中で絶叫している間に、家に戻った。その時、時間は9時半だった。電話がかかってきた。見知らぬ番号だった。

「おや、誰だろう」

と根拠はないが、何かしら期待して通話ボタンを押した。相手は職場の人だった。何やら苦しそうな上に今にも泣き出しそうな声をしている。ああ、出勤か・・・。

要件はこうだ。体調が悪く、勤務が厳しいから、夕方の2時間だけ出勤してくれないか、ということ。

僕「2時間だけでいいんですか?体調悪いなら、全部代わりますけど」

後になってラインという腑に落ちない連絡ツールを用いて聞いてみた。すると相手は今日は休むことになったという。

相手「11時から出勤するかどうかを自分は決められないから、もし可能であれば職場に確認してほしい。でも、2時間ということなので、2時間でいいのではないか?」

僕「そうすか。じゃあ無理せず2時間ということにしときます」

とは言ったものの、今日はやることがあって、忙しそうだから、欠員が出たら厳しいのではなかろうか。2時間だけでいいや、と楽をしたい気持ちがある一方、気が咎めてもいた。気付くと職場に電話をかけていた。

確認した結果、11時から出勤可能であれば、出て欲しいとのことだった。慌ててコインランドリーの洗濯物を回収しに行き、炊飯器に米をセットして、出勤した。

睡眠不足は堪えた。勤務中、気が遠くなったし、めまいもし出した。記録を書いている途中、気づいたら落ちていた。

職場に連絡をしなければよかった。気が咎めたと言っても、今日僕は本来ならば休日で好きなことをしているはずだった。ああ、1日が長い。長かった・・・。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。