スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆでダコ記念日



 今日3月1日は両親の結婚記念日だという。1日に籍を入れて、ホワイトデーの14日に結婚式を行ったとのこと。偶然にも、僕は今日入籍することになった。挙式は行わないけれど。

 結婚式はしないけれど、夕食を外で食べようということになった。ささやかではあるが、二人でお祝いをしようと思った。

 近所のイタリアンレストランを予約した。今日くらい贅沢をしても罰は当たらないだろう。





 次々と運ばれてくるコース料理を堪能した。僕の人生において、こうした料理を食べた経験というのは殆ど無い。イケメンのウェイターが料理を運んで来、メニューの説明をする度に僕は挙動不審になった。

 お酒がほとんど飲めないのだが、今日という記念の日には、酒をかっ喰らってやろうと思い、梅酒ロックを注文した。

 半分も飲まないうちに・・・



 僕は真っ赤になってしまい、目がしぱしぱし出し、眠くなり出した。料理を運んでくるウェイターが僕の顔を覗き込むようにする。僕は始終伏し目がちになって、ウェイターから顔を背けるのだが、あり得ないくらい赤いため、隠しきれない。

「あの人梅酒を半分も飲んでないのに顔が真っ赤で今にも酔い潰れそうだ」

 そんな声がバックヤードから聞こえてくるような・・・

 ウェイターがきた時、相変わらず、伏し目がちのままで、上目遣いでウーロン茶を注文した。ウェイターとばっちり目があった。必要以上に見られている気がした。

 持ってきてもらったウーロン茶を瞬く間に飲み干した。次にウェイターが来ると「こちらをお下げしてよろしいですか?」と空になったウーロン茶のコップを指差した。「お願いします」と半目で答えると、ウェイターはウーロン茶のみならず、半分飲みかけの梅酒までも持ち去ってしまった。瞬間「うぃッ,だッ!」と誰にも聴こえない声で叫んだが、その叫びは世界の何物をも変える力がない。

「もうダメばい、と思われたんやろね」

 僕は少しばかり残念な気分になった。

「顔が真っ赤になって恥ずかしい」

 僕がうつ向き加減でそう言うと

「私が恥ずかしい」

と彼女に言われた。頑張ったんだけどなあ・・・
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。