株式投資で100%儲けることができる

 友人に「株をやらないか」とそそのかされて、僕はすっかりその気になっていた。彼女に「株をやるんだ。僕は勉強をするんだ」と言ってみた瞬間に「ダメ」と言われた。「お金に余裕がないのにできる訳ないじゃん」と。

 確かに僕は日本の30歳男性にしては収入も貯蓄も少ない。株式投資につぎ込む余裕なんてものは持ち合わせていないのだ。しかし、なぜ、僕は一瞬でも株をやろうと思ったのか。それは、友人が言葉巧みに僕を勧誘してくるからだ。友人はどうも僕を破産させる計画を立てているらしく、僕が散財した上に、ホームレスになるというシナリオを描いて、楽しんでいるようなのだ。

 友人は「今やらないと確実に損をするが・・・」などと言うのだ。しかし、どんな確信をもって、そのようなことが言えるのだろう。今すぐやらなければいけない、というような言い方がなぜできるのか。友人はまたこうも言うのだ「君は最近元気がないから、株くらいリスキーな、ワクワクするものをやったらいい」と。元気がないから株をやる、これは一体どういうことなのだろう。僕にはわからない。

 僕は勉強のつもりで、株をやってみてもいいとさえ思っていたが、どうも騙されているような気がして、踏み出せないのだ。しかし、株に関して言うと、僕は以前から興味があって、いつかやってみたいと思っていた。僕だったら、必ず儲けることができると思っているからだ。儲けるのは他の誰でもない、この僕だ。

「君の大切にしている蔵書、カメラ、登山用品、その他色々をすべて売り払い、全額株式投資につぎ込んで、それで儲けた金で、すべてを買い戻すだけでなく、高級車に乗り、豪邸に住めばいい」

 友人は僕に財産を一旦手放すことを奨めるのだ。

 Skypeでの一連の会話をお見せしたいところだ。友人、彼は僕をどうにか騙したいらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今、信じられないメッセージが届いたところだ。プライバシーの関係上、あまり詳しく書きたくなかったのだが、このメッセージは強烈に僕の心に木霊する。

「金が足りなくなったら、プロミスに借りればいい。金が手に入る上に、相武紗季ともお近づきになれて一石二鳥だろう?」

 これは本当だろうか。相武紗季とお近づきになれるのだろうか。もしそうだとしたら、借金をするのも悪くはない。だが、しかし、今日の僕は冷静だ。それはこういうことだろう。

「金が足りなくなったら(俺に頼らずに)、プロミスに借りればいい。金が手に入る(借金地獄な)上に、相武紗季(がコマーシャルをするプロミスの下請けの取り立て屋)ともお近づきになれて一石二鳥だろう?」

 よくもまあ平気でこんなことが言えたものだ。株式投資に関して、慎重にならざるを得ない。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR