スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

豚の物語

 ヤクルトとホットミルクしか摂取していない。朝、7時過ぎに起きると胃に不快感を感じた。吐き気がした。頭痛も伴っていた。やっとのことで、洗濯を済ませると、ベッドに倒れ込んだ。ベッドに入ると、腸に違和感があった。トイレに駆け込む。最初はふつうのモノが出ていた。3回目のトイレから水っぽくなってきた。それ以降は水のようなものばかりが出てくる。何度トイレに入ったかもう忘れてしまった。ただ、トイレットペーパーが一巻きなくなってしまった。

 起きているのが辛いから、僕は眠った。起きてみると14時になっていた。せっかくの休日なのに、僕は寝ることしかできない。

 なぜか『フランドン農学校の豚』という話のことを思い出したので、ちくま文庫の宮澤賢治全集の7巻を取り出して、読んでみた。あまりつらいかった。だが、現実なのだと思った。豚が肥育器で飼料を無理矢理胃に流し込まれる場面などは、僕も吐き気がしていたので、豚の気持ちに入り易かった。こんな気持ちの悪さで、太らされて、人間の栄養になるために、殺されなければならないのか。あまりにもつらい気がする。普段平気で食べているお肉。命をもらっていることを忘れがちになっているのではないか。
 僕は食べ過ぎの毎日を反省するとともに、この胃腸の具合の悪さは、昨日の大吉の反動でなく、日ごろの感謝が足りなかった報いと受け取ることにした。

 妹夫婦から年賀状が来ていた。返事を書かないといけない。年賀状を買わなければ。それにその他の買い物も。だが、外に出られるほどの元気がない。とりあえず、もう少し休んでから、ぼつぼつタイミングを見て、買い物に行くしかない。

 とりあえず、トイレに行こう。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。