スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日の運勢

 朝は雨が降っていたが、昼前には止んでいた。そこで、コインランドリーの乾燥機で乾き切らなかったトレーナーと夏物のズボン(今はパンツと言った方がいいだろうか)を干した。お腹が空いたし、一昨日借りたDVDを観終わっていたので、その返却も兼ねて、買い出しに出かけることにした、髭も剃らずに(それにしても『最強のふたり』は面白かった)。

 ショッピングストアに着くとドアを押して入ろうとしたが、僕が押したドアは鍵が掛けられていて、全力で押したのに1ミリたりとも動かなかった。「おっと・・・」と非常に小さな驚きの声というか、悲鳴のようなものが体の奥の方から出てきた。そこには一種の恥ずかしさも込められていた。

 店内を歩いていると、前方を歩いていた高齢の女性が、今まで迷いなく前進していたにも拘わらず、いきなりバックしてきた。そのため、僕は避けきれずに、女性の踵に足を取られ、前のめりに躓いた。「あらら」と女性は驚いていたが、僕の方が驚かされて、無言のまま、やはり恥ずかしさを抱えて立ち去った。前を歩く人が急に立ち止まったり、後退するなどしたために、ぶつかってしまう、もしくは避けようとしてちょっとした事故に遭う、などといった経験はおありだろうか?

 買い物を一通り済ませ、外に出ると、土砂降りだった。「ああ、降ってやがる・・・」と僕は誰にも聴こえないような小声で言って、手遅れだとわかっていたが洗濯物の心配をした。僕はティッシュ2パックとトイレットペーパー、食材を抱えて、雨に濡れながら帰宅した。アパートの部屋に上がる階段で、ティッシュペーパーの手提げ部分が引きちぎれて、落ちた。

 今年の始めに大宰府天満宮で引いたおみくじのことを思い出していた。大吉だった。何から何までついているはずの1年になるはずだった。確かにいいことはあった。博多の街で50円を拾ったことがあった。街中で、ラッキーだなあ、と声を上げて喜んだのを覚えている。妹が第一子となる女の子を無事に出産したことも喜ばしいことだった。他には・・・
 おみくじが言いたいことは、驕らず謙虚に誠実に日々を送ることを心得よ、ということだろう。あなたは今年ずっといい思いができますよ、ということではない。今年は一度も失業せずに生活することができただけでも、きっと素晴らしい1年だった。そう思うことにしよう。

 今日は3回ほど小さな悲運に見舞われたが、おそらく今日の後半はきっと良いことがあるだろう。きっといいことがはるはずだ。あるに違いない。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。