スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

素人詩人うつの歌

寒くなってくると、頭の働きが変わってくるのか。しばらく離れていた詩歌の創作を再開した。いや、一時的な情に流されてのことか。いずれにしても、寒くて布団に潜り込む時間が長くなるから、そこでできることは限られてくる。確か、去年の3月あたりはベッドで暗い気持ちで歌を詠んでいた。


こうして枕元に詩集や歌集を集めて来て、真剣に読むというよりは、パラパラ漫画のように次々にページを繰っていく。内容は全く入って来ない。だが、時折、目につく言葉があって、そこで手を止め、少し読んでみる。真剣に読んでないから、暗唱できる詩はない。

ーどんよりと雲れる空を見てゐしに人を殺したくなりにけるかな

ー何がなしに頭の中に崖ありて日毎に土のくづるるごとし

この二つの短歌は覚えている。というか、これすら間違っているかもしれない。

そして、この素人は、詩歌を小さなノートに書いてゆく。素人だから、詩というものを知らない。短歌は五七五七七の形式だとしか思っていない。

師を持つことは必要か。きっと必要だろう。しかし、僕はそこまでやれるほどの強さがなく、こうしてノオトに書き込むことで満足しているのだ。

鬱状態が最悪の時、僕は言葉を忘れた。文章というか、単語すら書けなかった。でも、今は少し書けるので、ノートを開く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
疼く疼くよ傷痕が
消えぬ消えぬよ傷痕が
お前も後悔するだろさ
けれども、やめろと言えようか
心ゆくまで傷つけろ
自傷行為は夢の跡
そこから何を学ぶかは
これから先をゆくものが
手にする幸運と言えるだろう
さあ、ここから飛び立とう
虚しさを背に、飛び立とう
できれば明日に立ち向かえ
生きていれば何とでも
やってやれないこともない

叫ぶ叫ぶよ傷痕が
すみません!あの、あの
僕、生きていたいんです!

あれから何年経つだろう
この傷痕は変わらずに
痛かったね、と泣くのです・・・

たびびと
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやすみなさい
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。