認知症介護は辛い

この介護施設での仕事は辛い。それは眠れないことでもなく、暴力や暴言を吐かれることでもなく、給料が安いことでもない。どれも結構辛いけれど、一番辛いのは、家に帰りたいという利用者の希望を叶えてあげられないことだ。

「いつ帰れるの?家に帰りたい」

そう言われると胸が締め付けられる。働いて、少しは世の中の役に立っていると思ったけれど、その言葉を聞くと、自分は何もしてあげられないということを実感する。

いつ帰れるの?と聞かれて、お家から連絡があったら帰れますよ、と毎回答える。もちろん家に帰れるという連絡なんて死ぬまで来ない。

「早く帰りたい」

大人しく部屋に戻って行く利用者に付き添う。心が痛い。
いつか、このまま抜け出して、この人を家まで送ってしまおう、と考えたりしたのを思い出す。

認知症になってしまった人はかわいそうだ、と思う。何も悪いことをしていないのに、自由を奪われてしまう。帰りたいのに帰れない。

ただ、僕は今、自由なのだと思う。行きたいところに行こうと思えば行けるのだ。帰りたい故郷に帰ろうと思えば、帰れるのだ。好きなだけ夜空を見上げてもいい。自分がいかに幸せであるかを、施設の利用者たちに学ぶ。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR