スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

たびびと三段論法による仕事の位置付け

 忍耐!僕は高校時代から、この言葉を座右の銘のように思って、実践してきた。いや、忍耐が大切だとは思っても、長い目で見ると、忍耐して生きてきた試しがないと言える。実際、腹が立ったり、体調を崩したりしたら、すぐに仕事を辞めてしまうのだ。

 ジェット・リー主演の『新・少林寺伝説』というアクション映画がある。劇中、ジェット・リーの息子役の少年が、数人に取り囲まれて、蹴られたりするシーンがある。少年は「忍耐」と言って、耐える。その映画の影響が大きかった。確かに高校時代、僕はなぜか殴られたり、蹴られたりしていた。そんな時、忍耐、と思って、耐えてきた。

 今日、職場で、施設の利用者さんに水分を摂ってもらおうとして、とろみのついた飲み物(嚥下障害がある人にはとろみをつけて提供すると咽にくい)をスプーンで口に持っていった。

「水分摂りましょうね」
「ココアはおいしいですよ」
「今日は水分が足りていないから飲んでくださいね」
「甘くておいしいですよ」
「ココアは嫌いですか?じゃあ飲みましょう」

 思いつく限りの言葉を使って、飲んでもらおうとしたのだが・・・

「いらんよ・・・」
「自分で飲むから、そこ置いといて」(口ではそう言うが、絶対に手をつけない)
「いらんていうとろうが」
「いらんよ。さっきも言うたやろ!」
「ああ、せからしか!(あんた、ウザいよ)」

 それでも、水分は摂ってもらわなければ、健康に良くない。僕は「一口でもいいから飲んでくださいね」と言って、スプーンを口に近づける。すると、その利用者さんは、「ああ、もういらんて!」と強い口調で言うと、僕の顔に思い切りツバを吐いた。まあ、こんなことばかりなのだが、いつもいつも辞めたいと思う。そこまで穏やかな人間ではないぞ、僕は。

 忍耐。全力で顔を洗う。

 ここは耐えるのだ。耐えて、働いて、給与をもらう。その給与で、旅行に行こう。休日すべて旅行に行こう!とはいえ、休日は、体調が悪くて、寝たきりで過ごしたりする。
 毎月25日、少なすぎる手取りを見て、どうにかしないといけないと思う(どうにか会社から働かずして賃金を1円でも多く分捕る手段を考えるのだ)。今の段階では低所得者でも思い切り楽しめる旅行法を編み出すしかない。

 僕は理不尽なことが嫌いだ。仕事は理不尽だ。よって、仕事は嫌いだ。

 しかし、耐えてこそ、旅行に行けた時は楽しいのだ。次はどこに行こうかな。それを考えると、まだまだ仕事を頑張らないと(耐えないと)いけないようだ。

 旅行にはお金が必要。お金を手に入れるには仕事。仕事は旅行のためのツール。

 このように、仕事というものは、旅行や趣味をするための資金稼ぎの一手段なのだ。

 えーと、職場では思い切り縮こまって声の小さい、僕より
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。