スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

頭骨

 彼はオシャレな洋服店に入ると、暑くもないのに額にびっしょりと汗をかいた。オシャレな洋服店の店員は皆おしゃれだった。高身長で、すらりとしており、足が長く、整った顔立ちをした者ばかりだった。きょろきょろと周りを見回すと客も皆すらりとしており、顔立ちの美しい男ばかりだった。彼は身長が著しく低い訳ではなかったが、頭が大きく、顔が平らで、他人には薄い印象を与え、全体的に骨太で、足が短かった。スタイルが悪い、と彼は自分を恥じていた。きらびやかな店内に自分がいるのは如何にも場違いな気がしていた。バッグからハンカチを取り出し、額の汗を拭った。拭っても拭っても汗は吹き出した。
 骨格ばかりはどう努力しても変更の効かないものだった。彼は頭骨を小さく見せるため、筋力トレーニングを行い、体を大きくしようとした。胸や肩の筋肉を発達させたが、爆発的に筋肉量を増やすことなどできなかった。彼はボディビルダーになりたい訳ではなかったのだ。彼はオシャレをしたかった。彼の発達した三角筋は、日本人向けに作られた洋服の肩幅と襟元に悲鳴を上げさせた。大胸筋と広背筋はさほど大きくはなかったが、日本の若い青年にぴったりとフィットする素敵なジャケットの胸囲を裂こうとした。
 彼が店内を徘徊し、商品を物色していると、整った顔立ちの店員が詰め寄ってきた。「よかったらご試着どうぞ。サイズもお出ししますよ」彼は狼狽えて、辺りをキョロキョロと見回し、目の前のジャケットを手に取った。店員は彼のバッグを預かり、ジャケットを彼に着させた。ジャケットは彼の体には合わなかった。店員の視線が彼の額の汗をとらえたことを彼は気づいた。変な人だと思われているかもしれない、と彼は思い、緊張が増した。汗は止まらなかった。呼吸がうまくできなかった。
 客は少なからず緊張するし、挙動不審にもなると店員はわかっている。彼はそう思った。はじめてオシャレをしようと思っても、どうして良いのかわからない、勝手の分からない店に入って緊張するのは当たり前だ。店員は寛容であり、わかってくれているから、遠慮せずに相談するべきだ。
 彼は控えめながらも、「肩が張る感じがします」と感想を述べ、ワンサイズ上のものがないかと聞いた。「確かに“少し”肩が張っている感じがしますね」と彼の肩に手を入れ、ジャケットを力任せに肩の形状に合わせようとして断念した店員は言った。「上のサイズがないか確認して参ります」店員が店舗奥へと消えていくのを見届けると、再びハンカチで額の汗を拭った。店員が戻って来るまで数分かかった。彼は、店員がバックヤードで「こういう客が来ていて、肩幅は全然広く見えないんだけど、なぜか着せるとジャケットの肩が裂けちまいそうだ」と別の店員と談笑している姿を想像し、汗を拭き、また汗を流した。
 店員の持ってきた先ほどよりもワンサイズ大きいジャケットを試着し、やはり肩の辺りが窮屈な気がし、店員に訴えた。店員はジャケットの肩のところに手を入れ、押し込み、ジャケットそのものの形状を変えにかかった。「ほら、さきほどと違って、ぴったりとしていますよ」と言った。そして商品説明を始めるのだった。そのジャケットのデザインは彼の気に入った。しかし、サイズは合っていなかった。もし、1年前の彼だったら、店員の話に洗脳されるようにして、高額なジャケットを買っていたことだろう。彼は1年前の騙され易い彼ではなかった。彼はほんの少しだけ、決める前に考える癖を付けていた。「考えてみます」とそのまま自分の頭の中に浮かんだ言葉を店員に伝えて、店を出た。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

沈黙の携帯

 どうやったかは全くわららないが、カメムシが2匹も家の中に入っていた。また猫の顔がカメムシの匂いになってしまった。500mlのペットボトルにカメムシを入れて、外に放り出した。

 博多にはたまに行く。あの道路の陥没は一体どうするんだろう。気になっていたけれど、気にしないようにしてきた物事がもう無視できないほど、取り返しのつかない状態になってしまったような。早く解決してほしいが、すぐにどうなるとも思えない大穴がぽっかりと街のど真ん中に空いてしまった。けが人が出なくてよかったと思う。

 仕事が休みなので歯医者に行って来た。定期検査だ。帰って来て、セガールの映画を見た。セガールが悪いやつをボコボコにしている間、株価をチェックすると、全面的に大きく下落していた。一体どういうことだ、と思った。ふとアメリカ大統領選のことが脳裏に過ぎった。投資家は常に世の中の動きをチェックしていなければならない。僕はスティーブン・セガールが次は悪い携帯電話会社をやっつけてくれることを夢見ていた。トランプリスクについて全く何も考えずに、目を真ん丸にして、セガールが悪い携帯会社のショップ店員をボコボコにし、経営者を引きずり出して汚くハゲさせた上にボコボコにし、本社にハンドガンで銃弾を撃ち込んで大爆発させる想像に耽っていた。悪いやつを放っておかない正義、スティーブン・セガールは偉大なり。
 なんか空想に耽っていたら、株の下落なんてどうでもよくなってきた(どうでもよくない、今が稼ぎ時だ)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2016



 佐賀のバルーンフェスタに行くのはこれで4度目だった。今日は最終日だった。15時から始まる競技は、会場外から飛び立った気球が、会場内の目的に向かって飛んでくる。鍵を模したものを掴むことから、キー・グラブ・レースと言うらしかった。
 日差しがあり、寒いと思って厚着していた僕は汗が滲んでくるのを感じた。風が吹いていた。電車に乗り、会場に向かった。昼過ぎの出発だった。バルーンフェスタ開催中のみ設置されるバルーンさが駅に降り立ったのは14時頃のことだった。嘉瀬川の河川敷の土手を人が埋め尽くしていた。みんな気球が飛ぶ姿を見たかった。楽しみにしていた。それぞれの人、それぞれの家族が、空に浮かぶ気球に夢を抱いて、集まっていた。みんな幸せだった。その瞬間がとても幸せだった。仮設のトイレは汚くても、幸福であれば構わなかった。
 河川敷を妻と二人で歩いていた。アナウンスがあった。強風のため競技は中止となったことを伝えていた。到着して15分も経たないくらいだった。これで4度目だ。気球が空を飛んでいる姿を今回も見られなかった。一体4度も何をしに行っているのだろう。しかも今回は気球が会場外から飛んでくるというものなので、会場内に気球は一つもなかった。バルーンフェスタ、気球の祭りなのに、一つも気球を見ることができなかった。到着して最速でやることがなくなった。寂しい祭りだった。やることのなくなった会場内では気球のバーナー体験教室のようなものが開かれていた。バーナーから火が吹き出していた。風船状のあの袋はなかった。炎のみが空に向かって吹き上げていた。
 炎に熱せられた空気が風船状の袋を膨らませ、浮力を持ち浮かび上がる。気球は想像上のものでしかない。
 出店で食べ物を買い、土手にレジャーシートを敷いて食べた。うまかった。風が心地よかった。「帰ろうか」と言い、帰って来た。帰宅した僕は「物足りない」と言って、駄々をこねた。外では大人しくしていたが、家に帰った瞬間、床に転がって。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

晩秋の匂い

 新規公開株の抽選は落選していた。僕は運が悪かったのだ。でも、僕の誘いに乗って応募していた妻が当選し、初値売りで数万円の利益を上げた。僕は指を咥えて見ていた。「ねえ、ねえ、IPO教えてあげたの僕だよね」と誰かが言うようなセリフを言ってみたが、妻はどこかへ行ってしまった。まあ、山分けするほどの大金を手に入れた訳ではないので、僕はそれ以上何も言わなかった。新規公開株式の募集はまだいくつもある。当選はしにくいのだが、挑戦し続けたいと思っている(応募するだけだろ)。次は是非とも僕が当選したい。

 秋も深まり、虫の声も静まった。ところが、無言のうちに家の中に侵入した虫がいた。カメムシだ。その時、僕は夜勤明けで寝ていた。妻が「カメムシがおる」と僕に言いに来た。嫌な予感がした。カメムシがいるという場所に駆けつけると時すでに遅しだった。フリーになった猫がカメムシをおもちゃにしていたのだ。動くものがあれば、じゃれずにはいられない。弱ったカメムシは禁断の力を解き放った。僕は猫をカメムシから引き離した。猫の顔周辺がカメムシの放屁に冒されていた。猫の奴隷から解放されたカメムシは弱り弱って、虫の息となり、妻に放り出された。僕は「くっっっせぇぇぇぇえええーーーー!!!」と叫びながら猫を抱きかかえた。妻がペット用の体拭きシートで猫の顔や足を拭いた。「もう風呂に入れよう」と提案したが、体拭きシートの匂いでなんとなくカメムシ臭が中和されたようだったので、入浴は取りやめた。猫はあちこちを徘徊した。どこに行っても臭いらしかった。どこに行ってみても、自分自身からは逃れられない。どこまでもニオイはつきまとった。前足の匂いを嗅いでは振り払う動作を繰り返し、しきりに舐めていた。いつもは大人しく寝ているはずだった。寝る間も惜しんで毛繕いをしていた。

 猫はトイレの後、突然全力で走り出すことがある。一体どうしたというのだろう。トイレの後、特にうんこをした時などは注意しなければならない。臭ってきた。僕がトイレの方を見ると、トイレではない床にうんこが落ちていた。「うわー」と悲鳴を上げ、掃除に取り掛かる。妻が笑っている。笑っている妻に「座ってないで消毒してよ」と言う。猫のダッシュは勢いをつけて肛門からうんこを引き離すためのものなのだろうか。とんでもない排泄方法だ。もうこれで二度目のことだった。年に一度のペースで何らかの間違いが起こっている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。