月夜

 駅から出て歩いている間にも、月はじっと僕の背中を見ていた。フィリピン人やマレーシア人の働く多国籍のショーパブの建物を過ぎて、信号待ちをしている時になって右手の方を見上げてみると、大きな月が地上を明るく照らしていることにようやく気付いた。いや正確に言うと、右手上方から何かが地上を照らしていることに気付いて、そちらを見たら、その光源が月だったのだ。
 赤信号であるうちは月に見入っていた。信号が変わると前方と月とを交互に見やりながら不安定に歩き進んだ。どちらにも注意しているようで、実は何も見えていない。目の前に大きな穴があったら確実に落ちて、そのまま工事業者が気付かずに舗装してしまうかもしれない。これはどこかの国の出来事だ。もしも照らすものが月以外にない闇の下では十分あり得るように思えた。

 何も疑問に思わないうちは幸せなのかもしれないし、過剰に疑いを持った時は不幸せなのかもしれない。またはその逆であるかもしれない。極めて白色に近い、ほとんど白色であると言ってよいほどの黄色または黄金色いや銀色かもしれない月の光は、ベートーヴェンの月光よりも、ドビュッシーの『月の光』の旋律を脳裏に呼び起こした。どちらの曲もどういった経緯で作られた曲かは全く知らない。ドビュッシーの音色はとても美しかった。ドビュッシーの美しさがその月にぴったりな気がした。数分も経たないうちに月をいわし雲の薄いベールが覆っていった。

 もう9月も終わろうとしている。そのうち、どこかからキンモクセイの憂鬱な香りが匂ってきそうだ。空気が次第に冷え冷えとしてきた。特に夜などは気付けば震えている。猫も布団で寝ることが増えてきた。秋も深まりつつある、未だに夏の名残りの暑気を漂わせてはいるが。しかし夜などは特に秋だ。秋としか言いようのない秋。いずれ四季の中でも一番弱弱しいような気さえする秋も去ることだろう。生命が次第に消えていく心寂しい秋が過ぎると、冬が来る。冬は寒さの中に孤立した生命をより強く感じられることだろう。さまざまな生命が光を放ち、温かに輝いている。強い輝きで突き進んで行こうとする生命の光線が、冬の先の先まで伸びようとしている。その先の新しい生命の芽吹く春、より濃い生命の息づく夏、生命の去る秋、生き残った強い光の冬、一体いつまで自分の生命の光線は伸びているのだろうか。一体いつまでグズグズと生きながらえるつもりだろうか。
 つい最近「8月がどこかへ行ってしまった」と言ったばかりなのに。9月までもが一瞬で走り去る。自分が何をやっていたのかよく覚えていない。何も達成することなくまた一月が過ぎてしまう。もやもやとした光線が歪んだ空間を弱々しく、いつ途絶えるともなく伸びて行く。

 一体僕は何をやっていたのだろう。もうこれは僕の口癖のようになりつつある。進展はないのか。昨年の僕の予定では現在の僕はより大きく膨らんだ満ち足りたものであるはずだったが、逆に萎み縮んでしまっている。これは一体どういうことだ?
 唯一の進展は『ゴッホの手紙』でやっとゴーガンがゴッホの元にやって来たことだ。しかしゴーガンはすぐに去ってしまったし、ゴッホは監視人付の独房にぶち込まれてしまった。人生はうまく行かない。いいようになれば、いいようになっているはずなのに、いいようにならないのだ。

 明日は夜勤だ。いつか、こんな仕事辞めてやりたい。でも、僕はこれが死ぬまで続くような気がする。暇であればあるほど、死ぬまで現状が続いてゆくのだと考え続けて、狂いそうになるから、何も考えないように体を動かしたり、月を見て美しいと思ったりするのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ひと段落

 71.6kg、体脂肪率18.8%。たった今計測した結果だ。今朝の計測結果は69.8kg。体脂肪率は忘れた。朝と比べ2kg近く太った。たった1日でそこまで体重を増加させることができるのか。できます。

 朝は健康診断があった。朝食抜きで出かけたので、力が出ないし、睡眠不足で眩暈がした。健診の内容は〈身長、体重、腹回り、視力、聴力、血圧、血液検査、レントゲン撮影〉である。
 体重は服を着た状態で70.2kg、身長は175.5cm(なぜかここ2年のうちに1.5cmほど伸びたようだ)。健診が終わった後、病院を出た瞬間にリュックから果汁100%のスムージーと即攻元気を取り出して数歩歩かないうちに飲み干した。駅のホームで更にプロテインドリンクを飲んだ。帰宅後は睡眠不足でかなり眠かったので昼寝をした。14時頃にちくわ2本と乾燥野菜をボリボリと食べた。今日くらいはカロリーを気にせずに食べてやろうと思っていた。
 15時頃遅めの昼食ということで、半日で仕事を終えて帰宅した妻と共に回転すし屋に行った。寿司屋でラーメンまで食べた。満腹だ。
 妻がデスノートのレンタルコミックを読み終えてないと言うので(本日返却日だった)、最近オープンしたカフェに行って読むことにした。僕は『千年の愉楽』のラプラタ奇譚が中途半端なまま残っていたので読むことにした。ジーンズの後ろポケットに『千年の愉楽』文庫本を忍ばせた。今時ジーンズの後ろポケットに文庫本を入れている人なんていないだろう(今どころか昔もいないような気がする)。抹茶白玉パフェというのがとても美味そうだったので、食欲に任せて注文した。寿司を食べたばかりで満腹だったので、Sサイズを注文した。『千年の愉楽』を読みながらパフェを待つ。最近余分な糖分の摂取を避けて来たので「本当にいいのだろうか」とさえ思った。セットで頼んだコーヒーはブラックだ。ダイエットを始めてからずっとブラックを通している。元々はミルクも入れた死ぬほど甘いコーヒーが好きだったが、そんなものを飲んでしまったら痩せることなど不可能なので辞めている。ちょっとした時間読書をして待っているとパフェがやってきた。運ばれてきたSサイズのパフェは結構なデカマルだった(デカマルって何だよ)。満腹の胃にさらにパフェを流し込む。美味い、美味すぎる。ダイエットを始めてから、毎日の食事がとても美味しく感じられる。何もかも美味い。
 最近は食事時にその感動を大げさなまでに言葉に出しているから、妻が「うるさい」と言っている。本当に美味いのだ。食べ物のありがたみをしみじみと感じるのだ。ちなみに夕食はサバの西京焼きと味噌汁。サバは外出前に解凍してしまっていたし、味噌汁も作ってしまっていた。満腹なので食べなくてもよかったが、魚を再冷凍するのも嫌だったし、味噌汁は腐るので食べない訳にはいかなかった。今日くらいいいだろう。

 大体において、普段は食べ過ぎだ。朝・昼・夕と毎日3食きっちり食べる必要なんてない。朝昼は食べ、夕食はサラダのみで十分なのだ。夜も深まると空腹感が増していく。ああ、何か食べたいな、と思って夜食に手を出したらおしまいだ。夜お腹が減ったら、こう考えて寝るのだ。「明日の朝食が楽しみだ」と。
 ダイエットをしたいと思ったら、運動などしてもダメだ。疲れるだけだし、膝などの関節を痛めてしまうことだってある。それに運動で消費されるエネルギーなどたかが知れている。どんなに激しく動いても全く痩せないことだってある。ダイエットをしたい人は摂取カロリーを落とすだけでいいのだ。運動に励んでいる人よりも効果が現れるはずだ。
 一時はビリーズブートキャンプをやっていたことがある。1週間なんとか続けたが、きつ過ぎてそれ以上続かなかった。たった一人、狭い部屋で奇声を上げながら運動するのには耐えられない。全然元が取れない。
 妻がカーヴィーダンスのDVDを買っていたが、買った初日にちょっとやって以来、運動している姿を見たことがない。続かないものに意味などない。というよりも食べていたらどんなに運動しても痩せるはずがないのだから、運動など無意味に近い。太った人が食生活を見直さずにカーヴィーダンスをしても、体のどこかを痛めて挫折するだけだ。
 痩せたい人は食生活を見直すべきだ。続かない運動を一生模索するのがダイエットではない。やりたい人はそうすればいい。僕も色々やってみたが、一番効果があるのは食べないことなのだ。食べなければ体重が減る。脂肪か筋肉か、骨か、何が減っているのかはわからないが、体の重さは確実に減るのだ。大学時代に「面倒くさい」という理由で食事をあまりとらなかった友人がいたが、その人は結構痩せていた。その時気付くべきだったのだ、ダイエットの近道に。ダイエットは食生活の見直し9割、あとの1割は運任せだ。

 今日は2kg近く体重が増えたが、明日からまたダイエットを継続しようと思う。たまに贅沢をする日を設けてもいい。体重が2kg増えても、モチベーションを上げられるとしたら決して無意味ではない。更に4kg減量できたらまた抹茶パフェを食べに行くんだ、と思えば頑張れる。2kgくらい増えても、食べなければすぐに落ちるから大したことはない。明日からまた頑張って4kg減らしてパフェを食べに行く。更にその次も4kg。こうして限りなく0に体重を近づけて行くんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

目が見えない

 以前通院していた心療内科がいつの間にか移転していることを、通りかかった道路の看板で知った。前は《職場の最寄駅の傍にあるビル》に入っていたが、今は一つ隣の駅のビルにあるようだった。確かに以前の《あのビル》は明らかに老朽化しており、テナントは次々と撤退しているようだった。おそらく、《あのビル》はぼつぼつ取り壊されるのだろう。僕の家の最寄駅側に移転すればいいのに、遠い方向へと移ってしまった。定期券で行くことはできない訳だ。とはいえ今はもう通院していない。あの先生はなかなか面白かったが、もう一生会わない事だろう。

 看板を横目に僕は長崎の波佐見町へと向かっていた。タイヤがツルツルになった妻のフィットを運転して。助手席の妻に「タイヤくらい僕が買ってあげるよ」と運転技術の不安をタイヤに押し付けながら言っていた。事故ったらすべてをタイヤのせいにしようと卑怯な考えを抱いていたのだ。
 天候に恵まれ、強烈な紫外線が降り注いでいたので、僕はサングラスをかけて運転していた。紫外線99%カットの視界が結構暗くなるようなものだ。これで目の疲労を抑えられるはずだ。福岡から鳥栖JCTにかけて渋滞しているということで、鳥栖JCTを超え、東脊振ICから高速道路に乗った。高速道路の高速さに体がガチガチに固まり、凄まじく手に汗握り、ハンドルが滑りそうになった。時速90キロほどで左車線を走り続けた。いくつか短いトンネルを越え、長いトンネルがあった。
 おかしい、見えない。真っ暗でほとんど見えない。前の車両のテールランプが辛うじて見える。目が疲れてしまったのか。もう疲れてしまったのか。以前佐世保まで運転した時は、まだこの場所では疲れていなかったのに。暗い、暗い、真っ暗だ!
 車は蛇行していた。妻が危ないと強い口調で言う。僕は目が見えない、真っ暗だと叫ぶ。

「サングラスだ!サングラスのせいで道が見えない!取ってくれ!」

「自分で取ればいいやん」

 僕は自分でサングラスを外し、持ち直した。

 陶芸の町、波佐見町で数点の陶器を購入して帰って来た。帰りは渋滞している鳥栖JCTをまた避けて、東脊振ICで下りて、那珂川に抜ける峠道を越えて帰って来た。その峠道は妻が運転してくれた。「よかった、ここを任せなくて。絶対事故ってた」と言われたくらい、ちょっと怖い道だった。

 シルバーウィークの渋滞をすべて回避する形で道を選んで帰って来た。帰りに家の近くのラーメン屋でラーメンを食べて来た。替え玉までしてしまった。それでも昨日の夜勤と今日の運転のせいか神経が磨り減った分、体重は思ったより増えていなかった。
 体重70.4kg、体脂肪率18.1%だった(前の記事から1kg減っているのか)。ラーメン分かなり体重が増えていると思ったが。

 運転、疲れたなあ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お腹が空いた

 車を運転する機会が増えた。最初は一人で運転するのが怖かったが、最近は休日に一人で食材の買い出しに出たりしている。相変わらず下手な運転で、周りの車が気を遣っているのがわかる。優柔不断な運転は他のドライバーを困らせる。

 この前クリーニングに出していた衣類を受け取り、近所で一番安いスーパーに立ち寄った。

 よく買う食材は鶏のムネ肉である。このムネ肉を茹でただけのものをむしゃむしゃと食べることが多い。簡単だが、結構おいしいのだ。妻がムネ肉ばかりが冷凍庫に並べられているから、うんざりしているようだ。昨夜は妻が親子丼を作ってくれた。鶏もも肉でなく、ささみで作られていた。冷凍庫に鶏ササミしかなかったからだ。ムネ肉やササミは低脂肪という理由だけで買っている訳ではない。安くて経済的というのが魅力的でもあるのだ。今日も鶏のムネ肉の皮を取り除いたものを2パック買って来た。冷凍庫を見て、妻はまたぶつぶつ言うに違いない。

 71.4kg、体脂肪率18.8%。体重は停滞している。運動をあまりしていないし、食事制限も甘いからだ。夕食はご飯を一切食べず、おかずを食べている。おかずの量が多いのだろう。気のせいかもしれないが、米を食べないとすぐにお腹が減ってくる。何か食べたいが、食べると太る。明日の朝、ちょっと早く起きて、沢山食べてやろうと思う。明日は夜勤だから、お米を沢山食べて体力をつけないといけないのだ。

 それにしてもお腹が減った。職場の健康診断が終わったら、久しぶりに鶏もも肉を買おうかな。とにかく沢山食べたい。最近お腹が減っている時間が多くて辛い。その割には全然痩せていないのだが、とにかく空腹の時間が1日のうちで全くないほど食べたい気分だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

心の甘え

 71.8kg、体脂肪率19.8%。これが今日の測定結果だ。あれ?前回よりも体重は減ったけれど、体脂肪率は高くなってる。仕方ない。800g減ったが、脂肪自体は全く減っていないのだろう。それでも体重は減っているのだから、ダイエットは順調ということにしよう。本当は一時70kg割っていたのだが、沢山ご飯を食べた日もあり、体重は徐々に増えてしまった。でも、前回のダイエット日記の測定結果からは減っているから、減っているのだ。そういうことにする。
 とはいえ、ちょっと納得がいかないので、入浴後にもう一度計測。パンツ一丁で測る。71.5kg、体脂肪率18%。ほぅら。以上、負け惜しみの記録である。基礎代謝>摂取カロリー、この決まり事を守れなかった自分が甘かっただけなのだ。自分の基礎代謝がどのくらいかは知らないが、体重が落ちない以上は基礎代謝と同等か、それを上回るカロリー数を摂取していたことになる訳だ。今日の夕食だってご飯は食べなかったものの、満腹になるまで副菜を食べてしまった。サバの西京焼きは美味しいんだ。結局摂取カロリーは結構高めになっているのではないだろうか。

 友人とのメッセージのやりとりでヒントを得た。より寒い環境で過ごせば、体温を維持するために、より高い熱量を必要とするので、消費カロリーは増えるはず。そこで今度氷を沢山入れた水風呂に挑戦しようかと思っている。きっと、目に見えて体脂肪が減少していくはずだ。毎分1%の脂肪が燃焼されるかもしれない。氷水に浸かっていたら、数分で餓死する可能性も考えられるかもしれない。実験的にやってみるか。気が進まないが・・・

 しかしなぜ入浴後には体脂肪率が減っているのだろう。家の体重計は、なぜか入浴後の体脂肪率が低く出るようになっている。これは体温が関係しているのか?よくわからない。

 話しは変わるけれど、入浴時にしか読書をしないという事で、今日はやっと『ゴッホの手紙(中)』を読み終えた。毎度のことながら「いつまで読んでいるんだよ(使えねえ野郎だな)」と突っ込みたくなるような読書ペースなのだ。
 僕は一回の入浴で2通ずつ読んでいたから、弟のテオドルよりも2倍楽しんでいた訳だ。テオドル自身は手紙を楽しく読んでいたろうか。仲の良い兄弟だったようだから、手紙が届くのを楽しみにしていたのは間違いないだろう。反面兄ヴィンセントへの仕送りで、少なからず頭を抱えていたのではないだろうか。ゴッホは現代でいうニートのようなものだ。いや、ニートとは違うと言えるのか。とにかく厖大な絵を描いた。絵を描いて弟に恩を返そうと思ってはいるようだが、いつも金がない。金にならない仕事を続けていたのだ。画布や絵の具代、アトリエの家具等を買い揃えるためには弟の協力が必要不可欠だった。弟は献身的に仕送りを続けた。生涯ゴッホを支えた弟テオドル・ヴァン・ゴッホの功績は非常に評価されるものと言えよう。ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは近代絵画を代表する画家として歴史に名を残すことになったのだ。

 僕が『フィンセント・ファン・ゴッホ展』に行った時、まだ映画の『ゴッホ』や『ゴッホの手紙』を読んだことがなかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ワクチン

 猫のワクチン接種の時期になった。月日の経つのは早いものだ。インドアキャットでもワクチン接種はちゃんとした方がいい。1年に1度のイベントだ。

 天鼓をケージに入れて外に出た。途端に天ちゃんはいつもと違い、今回ばかりは猫らしい「ミャーオ」というような鳴き声を立て続けに出し始めた。同じマンションの住人が通路の前方を歩いており、鳴き声に気付いて辺りをキョロキョロし、ケージを抱えた僕に気づいて挨拶をして来た。

 雨が降っていた。片手に傘、片手に天鼓。バランスを崩しそうな、釣り合いの取れない負荷で、歩行が不自然な調子になる。昨日筋トレで左腕を痛めたので(酷く脆い腕だ)、右腕に頼るしかない。数秒歩くと右腕はパンパンになってくる。あとでわかったが、天ちゃんの体重は4.2kgあった。痛めた左腕も仕方なく使いながら歩いて行く。動物病院までは徒歩15分近くかかる。車で行くべきだったが、駐車場が広くないので停められなかったら痛い。選択肢は徒歩以外にかんがえられなかった。それにしても重い。途中でケージを地面に置き、肩掛けの紐を肩にかけた。初めからそうすればよかったんだ。

 移動中は怖がってずっと鳴いていた天ちゃんも、院内に入ったら鳴きやんだ。怯えてることには変わりないが。診察中も始終大人しく、普段の暴れっぷりは微塵も見せず「おとなしいですね」と評価され、ワクチン接種も無事に終わって帰って来た。ワクチンのせいか、怯え疲れたせいなのか、帰宅後は寝てばかりだった。

 夜、お気に入りのネズミのオモチャを持ってくるのだが「今日は興奮させないように」との医師の指示通り、僕からは遊びを持ちかけない。遊びたい様子だが、表情はいつもと違って、しんどそうだ。



 いつもはもっとふざけた顔をするのだが、実に怠そうな顔をしているのだ。だが、お利口だった。褒めてやりたい(すっげえ褒めたんすよ)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

怠け者の近況

 すっかりサボリ癖がついてしまい、ブログの更新が長期に渡り滞ってしまった。もう9月だ。8月は一体どこに行ってしまったのだろう。とはいえ、何もしていなかった訳ではない。僕は暇さえあればゲームアプリをやっていたのだ。

 前にも少し触れていたけれど、ダイエットを継続している。さきほど計測したら体重は72.6kg、体脂肪率は19.6%だった。ここ2,3日は20%を切る確率が格段に上がっている。気を抜くと21%に増えてしまうが(まるで運任せだ)。8月19日の段階で体重が74.2kgだったので、順調に体重は減って来ている訳だ。体重が減ったという意味ではダイエットは成功と言える。
 僕のダイエット方法は簡単だ。今まで何もしなかった生活をやめ、筋トレを始めた。それと炭水化物の摂取を減らした。シンプルだけど、ある程度までは当たり前に体重は減っていく。かなり簡単なことだ。筋トレの最中に意識が朦朧としたり、パサパサとした鶏の胸肉にうんざりしたりもする(今日は夕食にKFC食べちまった。でもご飯は食べていない。たまにはいいんだ、沢山食べて、力が出ないもの)。
 筋トレするのが辛い人はご飯の量を今までの半分(いや4分の1程度)にしてみるだけで痩せるのではないだろうか。あるのはシンプルなたった一つの思想だけだ。カロリー摂取を減らして痩せる。これだけだ。最終的にはコレなんだ。運動量を増やすというのは忙しいビジネスマンには難しいのではないだろうか?たとえば電車や自動車で移動するのをやめて、すべて徒歩あるいは走ることに変える。運動量は確かに増えるが、疲労とストレスと移動時間の増加により、仕事のパフォーマンスが落ちるどころか、遅刻を繰り返すようになり、最終的には過労で職場に辿り着くことさえ不可能になって、解雇されてしまう。一体何のためにダイエットをしているのかわからない(まあ日頃は一体何のために仕事をしているのかわからないことが多いのだが)。という訳で、話しは極端になってしまったが、一番簡単な方法は1日の摂取カロリーを減らすことだ。
 注意したいのが、カロリーを気にし過ぎて、栄養のバランスを考えないことだ。野菜や肉魚など、バランスの良い食事を心がけなければならない。体調を崩すようなダイエットは失敗と言える。健康になるために痩せる訳だから、痩せて病気になるなどもってのほかだ。

 カロリー計算の方法をご紹介しよう。そんなことはしていない。ただご飯の量を減らすんだ。半分いやそれ以上減らしている。おそらく見かけ上は100g程度だと思う。休みの日は朝100gあるいはバナナ2本、昼食にご飯100g、夕食にご飯0g。今までは夕食に400gくらいは食べていた気がする。それに加え、飲み物はコカ・コーラ。太るに決まってる。そして、現状の食事は痩せるに決まっているんだ。
 ご飯の量に焦点を当てただけであって、これだけの食事ということではない。ちゃんと野菜炒めとか、煮物とか、パサパサ胸肉とか、パサパサ鶏ささみとか、焼き魚とか、色々副菜を用意しているのだ。当然外食は極力控える。筋トレをしているので、タンパク質を大目に摂ることも意識している。毎日1錠チョコラBBも欠かせない。かなり適当だが、一応栄養を気にしている。

 僕は子供のころから太っていた。小学校5年と6年の頃にそれぞれシケたことをして右手を骨折した。ほとんど運動をしなくなった時期があって、その間にめちゃくちゃ太った。小学校卒業時の身長は146cm(小さいな)で体重は60kgもあった。凄まじい肥満児で、少年野球の時に他のチームの人たちからはキャッチャーと呼ばれたが、実際にはショートを守っていた。打順は3番か5番で、センスがないから4番にはなれなかった。中学時代は部活でかなり絞ったが、高校時代の後半で太りだし、大学時代には徹夜のゲームとジャンクフードで不健康になった。社会人になって体脂肪率を10%程度にまで落とした時期もあったが、仕事が終わった後、深夜にあまりにも苦行のようなことを続けたので反動でおかしくなってしまい長続きしなかった。諸事情で会社を辞め、実家に帰ると一年間はほとんど何もせずにニート生活を送ったため、太りまくって83kgにまで増えてしまった。九州に移住してから飲食店アルバイトの酷いシフトで、脱毛が促進し、66kgまで体重が落ちたこともある。考えてみると66kgは相当痩せたと思うが、体脂肪率は多分今と変わりない気がする。人生で痩せていた時期というのがあまりないので、体脂肪率を0%にまで減らしてみたいと思っている。これは冗談だが、できれば一桁9%くらいまでは落として、理想的な体型を手に入れたい。まあ頭骨周囲60cmという時点で絶望的なのだが。

 久しぶりで滅茶苦茶になってしまったが、一言何が言いたかったかと言うと、僕はダイエットをしていて忙しいということなんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR