スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

SONY HDR-CX630V

ソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-CX630V」 HDR-CX630V-B
 絶対に欲しかった、と言うとよくわからない。僕はただ、〇〇電機をウロウロし、ハンディカムが陳列されているところで立ち止まっただけだ。その立ち止まった時間は1分程度だろう。そこに店員が間合いを詰めてきたのだ。僕は店員の訳のわからない説明を聴いていた。なんとなく、この製品はいいんだ、ということを言っているようだった。すると、どうだろう、なぜか欲しくなってきてしまった。近いうちに登山に行ったりするし、どうせなら、動画で思い出を記録するのもいいだろう、と思ったのだった。その場で買うことは決めずに、いや、ほぼ買うだろうと自分の中で思っていたが、考える、と言って一旦家に帰った。

 家に帰ると僕はそわそわと落ち着かない気持ちになった。日が暮れかかっていた。なぜか焦っていた。奨められた製品をネットで検索した。〇〇電機は「インターネット価格にも対応」と書かれたのぼりがデカデカと掲げられている。そこで僕はネットでの最安価格を検索してみた。それは店頭価格よりも、2万円近く安いものだった。よし、これを提示して、値下げしてくれたら、買って来よう、と心に決め、僕はまた部屋を出た。
 まずはATMで現金を引き出した。そして、〇〇電機に入った。ハンディカムを観ていると、店員が近づいてくる。さっきの店員ではない。その店員は近づいて「何かお探しですか?」ではなく、「このチラシをここに置いたのはお客様ですか?」とハンディカムの陳列棚に置かれた一眼レフカメラのパンフレットを指して言うのだった。誰かが置いて行ったパンフレットの犯人に仕立て上げようという魂胆らしい。「なんだこいつは」と思った。そして「違います」と僕は言い、狙っていたハンディカムを手に取った。店員の次のセリフは「何かご質問は?」だった。「なんだ、こいつは」僕は再び思うのだった。無表情で楽しさの欠片も感じられない、仕事でストレスが溜まっていそうな店員だった。しかし、僕には確かに質問があった。そこで、ネット価格に対応し、値引きするのか、という質問をし、iPhoneで最安値を見せた。「訳のわからないネットショップの価格には対応できませんね」と言われた。そして、「私どもの方では、信頼の置ける家電量販店の価格を対象としております」と言うのだった。その店員の言う価格はさっきの店員の言う価格より4000円も高かった。

 しかし、僕は心の中で、必ず買うことを決定していたので、「じゃあ、これお願いします」と言った。

 後々考えてみると、何かおかしかったような気がする。僕は時折、おかしな行動をするのだ。自覚する場合もあるし、自覚せず、他人に指摘されることもある。ただ、僕の収入を考えると、この買い物は家計に大きなダメージをもたらしたのだった。

 帰宅後、僕は付属品をネットで注文した。こんなに買って、僕は一体何をするのだろう。とはその時は思わなかった。

 買ってきたビデオカメラの電源を入れ、液晶画面に映る世界を覗き込んだのは、購入した翌日だった。購入した日は、買うことで頭がいっぱいだったし、ネットで注文した液晶保護フィルムが届いて、貼り付けるまでは使わないことにしよう、と楽しみを後に残していたのだ。けれど、考えてみると、製品が初期不良で動かなかった場合、先走りして、保護フィルムを張り付けてしまったら、それが無駄になってしまうだろうということに思い当たった。さっそく、仕事終わりに試し撮りをすることにした。
 

 撮った。内蔵メモリーに記録するのと、SDカードに記録するのを両方試した。不具合は今のところ見当たらない。

 画質はきれいだ。デジカメより格段にきれいだ(コンデジと比べるのもおかしいが、僕はコンデジしか持っていないので)。このハンディカムの動画に比べると、デジカメの動画はモザイクだ。
 ハンディカムの画質は綺麗すぎて、肌の汚さがくっきりとわかる。それほどまでにキレイに映るため、実際の風景を肉眼で見るよりも、キレイに映っている。液晶画面も肉眼で見ているから、肉眼で見るよりキレイ、という表現はおかしいかもしれない。それにしても最近のビデオカメラはきれいに映る。
 そして、このビデオカメラの凄いところは空間光学手振れ補正だ。手が震えても、歩行しても、あまりぶれずに撮影ができる。焦って手が震えても影響はでないだろう。僕はよく焦って、今回のような衝動買いをしたりするため、手が震えるのが心配だったが、これなら、映像に焦りを感じさせずに撮影を楽しめるだろう。ほかにも色々機能があるようだけれど、よくわからない。

 まだ、使い込んでいる訳ではないので、レビューはここまでにする。使っていくうちにまた新しいことがわかってくるだろう。まだ、素人なので、何もわからないのだ。バッテリーのつけ方もうまくできないのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

エアプランツ



え、えッ?枯れた・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は休日なのです

 9月は有給を使い、実家に帰ることになっている。その際に山に登って来たいと思っている。しばらく八ヶ岳には登っていないので、また登りたい。休みまで、もう2週間切っているというのに、まだ計画を立てていない。どの山に登るか。とはいえ、あまりキツいスケジュールにはできないので、ゆるやかな山に登って、ゆっくり景色を観てきたい。ということで、自分の中ではどの山に登るか大体決まってはいるのだ。

 昨夜、やっと飛行機の往復チケットを取ったところだ。今回は飛行機で帰る。ざっと見積もって、電車より4時間強、移動時間を短縮できる。運賃もあまり変わらない。ということで、次から実家に帰る時は飛行機を使うことになるかもしれない。

 今日は、昼まで寝ていた。昨日は夜勤明けで疲れていたのだ。最近、夜勤がかなりきつく感じる。初めの頃は今ほどきつくはなかった気がする。今日はもうどこかに出かけたりはできないから、済ませておくべき細かい作業をまとめて済ませようと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こんなこと言ってはいけないのかもしれない

 夜勤明け。僕の勤めているとある認知症の老人介護施設では、夜勤は一人だけでの勤務だ。朝、早番のスタッフが出勤するまで一人で入居者たちの世話をしなければならない。これは厳しい。たとえば、二人同時に足元の覚束ない老人がトイレに起きてきたとする。この場合、より転倒の危険のある入居者に付き添ったとすると、もう一人の入居者のことは物理的に助けられないため、もう転倒しないように神に祈るしかない。転倒しなかったら、僕はこう思う。

「神の贈り物だ、みんなで感謝の祈りを捧げよう・・・」

 今まで夜間の転倒に出くわしていないのは運がいいだけの話で、今後間違いなく誰かは転倒するだろう。上の人は「くれぐれも転倒のないように・・・」とは言うものの、そんなの無理だ。天心飯だったら、たった一人の勤務でも転倒させることなく、業務を遂行するだろう。しかし、結局身体は一つだ。1対複数人だ。複数いる老人たち相手に、絶対に転倒させずに朝を迎えることなどできるはずがない。転倒させないように緊張して、勤務することはできるけれど。

 運営する会社は、夜間のリスクを入居者の家族に説明しているだろうか。

「えー、夜間はスタッフが一人ですのでえ、もし〇〇様がトイレに起きられた際に対応できなかった場合はぁ、転倒されるケースもありますよ。転倒された場合、骨折など重傷を負うこともあり、それがあ、寝たきりに繋がってくるわけです。えー、ですからあ、そんなリスクも負った上で、わたくしどものお、施設にぃ、入居することをぉ、希望されるというふうに言う訳ですね?」

 そんなことを説明するはずはない。夜勤者が一人だから、対応に限界がある。なんて言ったら、誰も入居してくれないだろう。営業は都合のいいことしか口にしないのだ。しかし、僕の働く施設では、限界がある。これは僕が働く施設だけに言えることではない。すべての介護施設は限界を抱えているはずだ。考えてみればわかる。勤務するスタッフの人数より、入居者の人数の方が圧倒的に多いからだ。すべての老人がいっせいに立ち上がり、歩行を始めたとしたら、スタッフが総がかりでも、対応することは不可能だ。

 えーと、自分の親を施設に入れることを考えている人は、そういうことも暗黙的に承諾する必要がある。自分の親を介護する場合を考えれば、施設に入ってもらった方が楽だろう。介護疲れ、と言うけれど、本当に疲れると思う。仕事でさえ、きついのだから。

 介護を必要とする家族にとって、施設はありがたいところだ。けれど、入居させられる本人にとっては、地獄のようなところかもしれない。本当は自分の家で、なんの気兼ねもなしに、暮らしたいと思っているのに、知らない人々に囲まれて、死ぬまで暮らしていかなければならないのだ。認知症の介護施設は、本人のためではなく、家族のためのもの。もっとハッキリ言うと、介護をビジネスにした経営者のためのもの。

「帰りたい」「疲れた」「私なんて死んだ方がいいんだ」

 どんなに綺麗ごとで飾り立てたとしても、入居させられる本人は、納得していないことの方が多い。介護する側は、こんなにしてあげた、と自己満足で評価することはできても、入居者側にしてみたら、ただ僕たちが都合のいいように動いているようにしか映らないだろう。それでも、笑顔で接してくれる入居者さんたちに僕は感謝する。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウォーキング



汗をかきたかった。歩けるだけ歩いたら、気分もスッキリする気がした。胃が痛んだけれど、歩いているうちに治まった。途中でトイレに寄ったり、自販機でポカリを買ったりして、小休止を入れて、自宅の周辺を歩いた。
iPhoneのアプリで距離を測った。約2時間で10kmほど歩いた。走るのは苦手だから、僕は歩くのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

夕暮れに怯えて

 どうも胃が痛い。カメからサルモネラ菌が検出されているというニュースがあった。心当たりはあるが、サルモネラ菌かどうかは疑わしい。
 職場でミドリガメを飼っている。その水槽の水をよく換えていた。そのたびにカメを素手で持っていた。もし、あのカメにサルモネラ菌が感染していたとしたら、それを素手で掴んだ僕も感染しているに違いない。しかし、断定はできない。この胃痛は、カメのせいというより、食べ過ぎだからかもしれないのだ。
 しかし、数年前に比べ、食欲は落ちてきている気がする。少し多めに食べただけで胃が痛くなったりする。一時期は食事をするたびに胃痛に苦しめられ、今では胃腸薬を常用するようになった。

 と、ブログをサボリ過ぎているので、何か書かないといけないと思うのだが、今日も胃が痛くて、やる気が起きない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サンスベリア新芽の今

猛暑が続いている。人間は猛暑に弱いが、植物は喜んでいるようだ。



大分育った。葉挿しした最初の年にこんなに目に見えて成長するとは思わなかった。せいぜい根が生えてくる程度だと。
葉挿ししたのが5月始めだったと思う。葉っぱから根が生え、新芽をもたらすまでおよそ3ヶ月。まだまだ暑いし、今年はどれだけ成長するのだろう。楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アジアンタムの現在



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしようもなかった。これは僕のせいだ。こまめに水を与えることを怠ったせいかもしれない。環境が悪かったせいかもしれない。

結局何がいけなかったのかを解明できないまま、すべての葉が枯れてしまった。根は生きているはずだからうまくいけば、新たな芽が出るかもしれない。



生前の姿に思いを馳せよう。今後復活してくれたら、また報告することにする。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

夏のご飯



ゴーヤだ!こいつを・・・こうする↓



種をスプーンでこそぎ落とす!↓



そして、こう!↓



次に塩を振る。数分後に水で洗って、他の具材と炒める。お好みの味付けをし、溶き卵を絡めて、火を通す。ほぅら。



夏はゴーヤチャンプル。あとはスイカがあれば、完璧なんだがなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

若者のネット依存



インターネット調査によると、全国の中高生52万人が、ネット依存度が高いと判明。

僕もiPhoneを手にいれてから、スマホ依存症になっている。冬は湯たんぽにお湯を注ぎながらスマホ操作をし、お湯を溢れさせた。夏はスイカを切りながらのスマホ操作で、気づくとスイカを微塵切りにしていた。
と、スマホは便利で、アプリが充実しており、ネットができるから、ハマるとなかなか抜け出せない。
ネットがない生活は考えられない、というふうに言う人もいる。

僕の場合、困るとしたら、連絡手段がほぼSkypeに限られる友人との通信手段と、家計簿を付けることくらいだ。家計簿はアプリでつけている。理由は簡単だからだ。アプリを起動させ、使った金額を入力する。たったそれだけ。ノートに付けるのは面倒だし、忘れがちになるが、スマホのアプリなら買い物したその場で金額を入力できるから、長続きするのだ。

Skypeはないと友人との連絡が気軽にできなくなるという点では、ないと困る。近頃は友人たちとも疎遠になるばかりだから、Skypeやlineがなくなったら、僕は完全にナッシングになるだろう。

他にも最近はYouTubeを楽しみにしているから、動画が見られなくなると寂しい気もする。

生活には欠かせなくなっているネット。現代の最大のコミュニケーションツールだ。しかし、依存した中・高生たちは引きこもり、不登校や現実逃避、現実ナッシングなど、多くの問題を抱えている。若者総引きこもり時代がやってきたのか?

僕自身もバイトを首になった時は2chばかり閲覧していたし、今もかなり依存度は高い方だ。

この問題は中・高生だけでなく、大人の問題でもある。実際、ネットゲームにハマって会社を休んだ先輩を見たこともある。

だが、どうだというのだろう。ネットに依存していようとなかろうと、ちゃんとしている人はいるのだし、ちゃんとしていない人は、どんな状況であろうと、ちゃんとできない人なのだ、僕のように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

HANABI

今日は筑後川花火大会だったのだが、雨のために延期となった。休みだったので見に行こうと思っていたが、残念だ。

「葉挿ししたサンスベリアまたはサンセベリアが芽を出した時は驚きました」












だんだん育ってきた。そのうち土が見えなくなるほど隙間なく芽が出て育つだろう。植物が土を食い尽くして爆発する、植物大爆発現象が待っている。

これが30代のスタートか・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

夜食



フレンチトースト。卵一つ、牛乳、砂糖を混ぜたものに食パンを浸し、マーガリンで焼く。これはおいしい。しかし、夜食として食べ続けたら、間違いなく太るだろう。

今日で20代が終了する。30分後には30代が始まる訳だ。30になったら、もう少し頑張って、楽がしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

雑談

うーん、ブログ更新が途絶えてばかりだなあ。毎日更新してたつもりだったけれど、気のせいだった。



うーん、眠いけれど、なかなか寝付けないね。

最近ビタミン剤をよく飲んでいる。しかし、こういったサプリメントは高額だね。できれば自然食品から栄養を摂りたいけれど、それも簡単ではないからなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日の昼食



「まあ、このセットは昨日食べたものですが、今日の昼食もマックだったんです。2日連続で昼食はマックだったんです。そんな日もあります」

夕食はゴーヤチャンプルを作って食べた。写真を撮るのを忘れたけれど、彩り鮮やかで、見た目も味もおいしい一品となった。今夏、初ゴーヤだった。そして、8月がスタートした。

今日は『風立ちぬ』を観た。個人的にはいい作品だと思った。ただ、子供達は途中で席を立ったり、騒いだりしていた(驚いたことに館内で電話している人間がいた。出ていけよ)。話としては退屈だったのかもしれない。誰に向けて作られたかはわからないが、僕向けの映画ではあった。この作品は心のこもったものだと感じたから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。