iPhoneがない3

 昨年のまだ暑さも残っていた頃にそれは始まった。僕はポケモンGOに夢中だった。ある駅の前でミニリュウを発見した。よっしゃー、と思い、ミニリュウをタップした瞬間に僕のiPhoneは突然シャットダウンしたのだ。バッテリー残量は20%だった。もうそれ以降充電するまで電源が入らなかった。その時はポケモンGOを起動していた事により、急激にバッテリーが減って0%になってしまったのかと思った。しかし、その後も残量が0%になる前にシャットダウンすることが頻発した。ある時など残量50%程度で電源が落ちるのだ。僕はそれをポケモンGOによるバッテリーの劣化と考えていた。しかし、ネットでこの症状を検索してみるとある記事を目にした。ある期間に製造されたiPhone6sに、突然シャットダウンする問題があるというのだ。



 アップル社の公式サイトにこのようなページが存在する。シリアル番号を入力し、送信ボタンを押下すると、突然シャットダウンしてしまう可能性のあるiPhoneかどうかが一発でわかるのだ。そして、該当するiPhoneは無償でバッテリー交換ができるという。僕のiPhoneはそのプログラムの適用対象となっていた。ポケモンGOでバッテリーが劣化しまくっていたので、これはいいと思った。いや、この突然シャットダウンする問題は売り物として当然あってはならないもの、改善する必要があるもの、アップル社にとっては症例をまた一つ解決することで、改善策をより強固にする有益なものだと思い、修理することを決断したのだった。これは僕のためではない、アップル社のためなのだ。

 修理は「配送」と「持ち込み」を選択できる。僕は「配送」を選択した。修理依頼をしてから5日で完了したという記事を読んだからだ。修理依頼の翌日、配送業者がiPhoneを取りに来るから、手元にないのは実質4日間。4日間くらい我慢できると思ったのだった。修理依頼をし、アップルのサポートに言われた通り、iPhoneのデータのバックアップを取り、リセットを行なった。
 翌日、配送業者がiPhoneを取りに来た。持って行った瞬間にパソコンを起ち上げ、業者の荷物問い合わせページをリロードしまくった。もう何も手につかなかった。狂ったようにF5キーを押しまくっていた。

 修理に出したiPhoneが手元に戻って来たのは2週間ほど後のことだった。それまでの間、寝る間も惜しんでF5キーを押していた。ほんの小さな衝撃だったが無限に重ねたために指先から順番に白骨化しているにも拘らず、狂ったようにF5キーを押下し続けるほど、僕は他の物事に一切関心がなくなっていた。

 iPhoneが届いたのは、ちょうど妻と長崎に行く日の朝だった。今、長崎ではランタンフェスティバルの真っ最中だ。その様子を写真に撮りたいと思っていたところだった。貧しさのためにデジカメを手放してしまっていたので、iPhoneがどうしても必要だった(デジカメの方がどう考えても安い)。だから、朝早くにiPhoneが届いたのは嬉しかった。僕はすぐにバックアップからデータを復元し、ジーンズのポケットにiPhoneを突っ込んで出かけたのだった。

 今やスマートフォンは生活になくてはならないものになっている。1台持っているだけでテレビも時計も時刻表もカレンダーも財布すらもいらない。もう服すら必要がないくらいスマートなものなのだ。それを失った瞬間、僕は寝坊して仕事に遅刻するし(実際はしていない)、日付もわからなくなるし、通い慣れた通勤路でさえ迷子になってしまう。一体、昔の人たちはどうやって生活していたのだろう、とすら思う。もう体の一部になりつつある。それほど重要な役割を担っていた訳だが、2週間持たない期間があったため、iPhoneを操作する時間がかなり減ったことも事実だ。僕は手元にiPhoneが戻って来てから、ほとんどポケモンGOをやらなくなってしまった。しかし、持っている事で、またスマホ操作時間が長くなって来ることだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

iPhoneがない2

 ここ数日、アップル社の公式サイトで修理状況を確認してばかりいて、何も手に付かない。本当に何も手につかない。これこそ、スマホ依存なのだろう。アップル社公式サイトの修理状況のページをリロードしまくっている。アップル社のサーバーに負荷がかかって、大爆発するかもしれない。せっかく久しぶりの2連休だったというのに無為に過ごしてしまっている。頭がおかしくなりそうなほど、アップル社の公式サイトを閲覧している。

 今朝、修理状況に変化があった。修理が完了になっており、出荷完了になっていた。とうとう出荷された。戻ってくる。東京から福岡までの配送は概ね2日かかる。ということは明後日の日曜日に届く計算になる。待てない。僕はヤマト運輸の荷物お問い合わせシステムにF5アタックしているが、伝票番号がいつになっても未登録状態なのだ。一体、僕のiPhoneはどこにあるんだ。2日後に届くだろうと予想できるのに、もう何も手につかない。計算が大きく狂った!修理に出して5日で返ってくると思っていたのに、もう10日が経過しているのだ。明後日は妻と出かけてしまう。だから、受取は明後日以降になってしまう。出かける時にはiPhoneを手にしていたかった。出先で写真を撮りたかったなあ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

iPhoneがない

 カーテンを開けた妻が「火事!」と言うのを聞いて慌てて飛び起きた。昨日は夜勤で、今日は眠れる限界のところまで寝てやろうと決めていたのだった。外を確認すると、向いの建物の窓が朝陽を受けて、燃えるような赤に染まっているのだった。確かに一瞬火事に見えなくもない赤だった。心拍数が上昇し、もう眠れなくなっていた。7時半、僕は起きることにした。
 7時半に起きたというのに、特に何もせずに過ごしていた。『グリマーマン』という映画を観ていたが、途中で凄まじい眠気に襲われて、いつの間にか眠ってしまっていた。

 今、iPhoneを修理に出している。アップルのサポートは申し込んでから手元に戻るまで1週間程度です、と言っていたのだが、修理依頼を出してから10日も経っている。その間、僕はiPhoneなしで過ごしている。普段あまり電話をしないのだが、それ以外の機能をよく使っているので、ない間はちょっと不便だと思っている。特にアラーム。家にある時計は2つの時間しかセットできないが、iPhoneのアラームは複数の時間をセットできる。これなら寝坊しないだろうというほど徹底的にセットして眠れるから安心感がある。目覚まし時計のアラームは二度しか鳴ってくれないから、眠ってもどこか緊張してしまっていて、何度も何度も覚醒して、時間を確かめてしまう。結果的に睡眠不足になる。朝起きて、洗濯をするかどうかも天気予報アプリでその日の天候を確認しないと決められない。乗換案内アプリがないと電車の時間もわからない。これがスマホ依存症なのかもしれない。ないならないで何とか生活はできているけれど、やっぱりあった方がとても便利だ。
 ネットで検索すると、修理依頼から返送されるまでが5日だったと書いているページがあった。僕は5日くらいなら我慢しようと思って、配送して修理してもらうことにしたのだが(5日でもかなり長い)、10日経っても返って来ない。むしろiPhoneがなくても困らないくらいのレベルになりそうだ(早く返せ!)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 昨日、夜勤が終わって電車に乗ると眠っていた。気が付くと最寄り駅に到着しており、慌てて電車を降りた。降りた瞬間にドアが閉まった。閉まった瞬間に「しまったー」と思い、走り出す電車をどうしようもなく見送った。座席に長く使ってきた折りたたみ傘を忘れてしまったのだ。チープなものだったが、いつも通勤用のリュックに忍ばせていて、急な雨に対応できるから重宝していた。それがなくなってしまったことを考えると空虚な気分だった。おそらく500円程度のものだったが、値段以上に活躍してくれた。まだ壊れていなかったのでとても残念に思う。
 鹿児島本線福間行の普通電車。時刻は昼近くだったので座席はガラガラだった。折りたたみ傘は福間に行ってしまった。と言っても福間がどこなのか土地勘のない僕にとっては全く見当がつかない。落とし物預かり所のようなところがあって、あの安っぽくて、落ちていても誰も拾い上げてくれなさそうな傘はそこに送られるのだろう。傘に心がないにしても、おそらくここから先誰にも使ってもらうことなく処分の日を迎えることを思うとやりきれなくなる。僕は割と物を大切に使ってきたと思うし、あまり物を紛失したことがない。今回の出来事はかなり心が痛かった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

逝った

 洗濯機の回転する底部に何かが引っかかりガラガラと異音を立てていた。それが何か初めはわからなかった。一時停止し、衣類洗剤の溶け込んだ水の中へと手を突っ込んで、引っ掻き回してみたが、浮遊する洗濯物以外に掴みどころがない。まあいいや、と洗濯機を再び回転させ、異音のことなどすっかり忘れていた。

 洗濯機が停止した。フタを開けるとよじれた洗濯物群の真ん中にポツンとイヤホンが置かれるようにして、停止していた。「しまったー」と叫んで、大急ぎで、あたかも今すぐに見つけたらまだ間に合うとでも言うように洗濯物を引出し、今日の夜勤明けに来ていた半袖のシャツを探りあてた。胸ポケットに入っているはずだった。しかし、胸ポケットからはすでに流れ落ちたらしい。すべての洗濯物を取り出し、洗濯機の底にそれを見出した。そこには正方形に近い形、約3cm四方の物体が無表情に打ち捨てられていた。

「iPodだぁああーーー!!!ううああうああ!」



 シケた。通勤時によく使っていたのに。洗濯した後から、今に至るまで、ずっと「もうダメかなあ・・・」と諦めきれずに呟いては、電源ボタンを押しまくっている。やっぱダメか・・・

 今までありがとう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR