スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

疲労回復

 どうしようもなく眠かった。太ももをパンパン叩きながら、仕事をしていた。同僚の女性に笑われてしまった。いや、正確には手のひらでパンパンと音を立てながらやる、いかにもモテない太ももの叩き方でなく、手を握り、裏拳で大腿四頭筋を打つ、神経を刺激し、眠気を吹き飛ばすという意欲が感じられるほどの威力を持たせた叩き方をしたのだ。それでも耐えられないくらい眠くて二度三度頭をガクッと垂れては、ハッとして意識を取り戻し、仕事に再び集中するのだった。死ぬほど大変ではないまでも、眠らずに働くのはなかなか大変なものである。

 ダイエットをやめたので、好きなものを食べるようにしている。仕事終わりにペヤングソース焼きそばを買って来て食べた。それに納豆ご飯とお菓子と炭酸飲料。バランスなんて関係ない。めちゃくちゃだ。体が内部から破裂するくらい食べて寝た。これくらい食べたら疲労した肉体が全回復するだろうというくらい。
 食べることが楽しみになっている。いつか、好きなものを食べられなくなって、例えば流動食しか食べることができなったり、あるいは胃ろうなどを施しカテーテルから流し込む味気ない食事に「つまらない」と嘆いて死ぬまでに、好きなものをできるだけ食べておきたいと思っている。

 夜は見えないお月様を想像しながら、おはぎを食べた。食べ過ぎというくらい食べたのになんだかお腹が減ってきた。どうなっているのだろう。これが食欲の秋だろうか。薬の作用なのか。せっかく1年かけて10kgほど体重を落としたのに、それ以上に太ってしまいそうである。しかし疲労を癒すために食べまくったのに、思ったほど疲れが取れないのだ。歳のせいかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ドライカレー



 夕食。玉ねぎ、人参、じゃが芋、ナス、ピーマン、ひき肉で作ったドライカレー。夏野菜をたっぷり使う。今日は色の良いピーマンが買えた。カレーは市販のルウ一箱の4分の1を使う。普通のカレーだと余ってしまうし、洗い物が大変になる。余ったカレーを翌日食べるのは衛生面であまり良くない。だから、食べる分だけ作れるドライカレーに最近ハマっている。残りのカレールーはジップロックなどに入れて冷蔵保存しておく。

 150円程度のルーを4回に分けて使うので・・・大した節約になってねえな・・・今日のランチに鎌倉パスタを食べたので一瞬でチャラじゃねえか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本日の食事



 本日の10時台の食事。今日は夜勤なので、この中から鶏肉の塩焼きとキャベツの炒め物、豆を夕食のお弁当として持って行く。プラスしてカロリーメイト一箱と菓子パンでも持って行く(食べるかわからないけれど)。

【朝食】
■ミックスジュース
 (100%りんごジュース100cc、豆乳100cc、脂肪0ヨーグルト、ブルーベリー、小松菜、オリゴ糖)

【10時台の食事】
上の写真の通り
■鶏もも肉の塩焼き少々
■味噌汁
 (大根、玉ねぎ、わかめ、卵2個)
■7種のサラダ
 (大根、セロリ、きゅうり、トウモロコシ、トマト、豆、シーチキン)
■キャベツの炒め物
 (キャベツ、焼き豚)
■納豆(写真なし)
■もずく酢(写真なし)
■ハイシー

【昼食】
■あんぱん
■脂肪0ヨーグルト
■フルーツグラノーラ
■チョコラBB

【夕食】(予定)
■弁当(10時台の食事の余り物)
■プロテイン
■インスタント味噌汁

【夜食】
■カロリーメイト
■菓子パン

 普段、僕は肉など一切食べず、豆しか食べないのだが、今日は夜勤ということで、仕方なしに食事を用意した。
 一応写真を載せたけれど、見た目のことについては許して欲しい。食事は見た目が大事なのはわかっているけれど、なかなかうまくできないものなのだ。

 朝食は毎朝ミックスジュースを何かの儀式のように作り飲んでいる。10時台になると何かを作って食べる。軽い食事の時もあるし、夜勤の日はしっかり食べたりする。昼食は普段は沢山食べるが、夜勤の日は軽く摂るようにしている。そうでないと電車の中で吐きそうになるのだ。夕食も副菜を沢山用意する。ごはんは少なめで野菜を多くするのを意識している。今日の夕食にプロテインがあるけれど毎日飲んでいる訳ではない。冬の間だけでも飲もうと思っている。たんぱく質を摂ると筋力維持だけでなく、免疫力がアップするみたいなので。

 夜食の菓子パンやカロリーメイトは食べるかわからない。持って行くだけ。一応ダイエット中なので余分なカロリーは控えたいのだ(じゃあ持って行くなよ)。夜間どうしてもお腹が空いて白骨化しそうだったら食べるかも。

 夜勤の日は食事も作りたくないが、最近はこうしてちゃんと作っている。サラダも日に日に種類が増えて、食費がかかるようになってしまった。でも、外食よりはマシだ。そういえば最近外食すると胃の調子が悪くなる気がする。外食は必要以上に油を使い過ぎているし、味付けも濃いのだ。

 今はダイエットをしているので、ごはんはあまり食べていない(なんでアンパン食べてるんだよ)。ここ1年ほどカップ麺は食べていないし、大好きだったコーラもあまり飲んでいない(1年以上前は常にコーラを飲んでいた。1日1リットルくらい)。半年前の健康診断の結果と比べると、今は約3kg体重が減っている。この半年の間に3kg落とし、冬に3kg増やし、3月に入ってまた3kg落とした。ずっと続けるのはストレスになるので、沢山食べる時期などを決めている。少しずつ体脂肪が減っているような気がする。

 夜勤なので、これから昼寝だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

うどんの食べ方~一から十まで~

 その通りには少なくとも4軒のうどん屋があった。僕はその4軒すべてに立ち寄ったことがある。どこが一番とは言えないが、今日行ったうどん屋が一番であることも否定できない。
 入口を入るとすぐに券売機がある。僕はボタンに書かれたメニューから、それがどういうものかを想像するのだ。見た目を想像し、匂いを想像する。そして想像上で味わって、もう食べる前からその味を知り尽くしてしまうのだ。目を閉じ、静かに味を想像していると、後から客が来た。僕は慌てて、メニューを決めきれないまま「天ぷら」と「ミニ丼」と書かれたボタンを押す。もっとじっくりと決めたいところだ。いや、おそらくそれ以上想像すると店の入り口で満腹になって引き換えし、店主を激怒させることになっただろう。
 平日の18時頃ということで、店内はまだ空いていた。空いている席に座った。両隣は空席だったが、まもなく左隣りにファミリーが座った。小さな女の子が二人と母親とおばあちゃんと思われる女性たちだ。
 うどんが運ばれてきた。大きな器に黄金色の汁、透明感がありコシのある麺、別に添えられた天ぷらの盛り付け、天ぷらにつけるその辺のスーパーでは手に入らないかもれいない塩、見るからに美味そうだ。美味そうだと思った時にはもう既に食べていて、美味いと思っているのだった。だから実際には「美味そう」などと思っている隙などなかった。それは美味いのだった。

 僕の隣には2歳くらいの女の子。その女の子がずっとこちらを覗っているのだ。妻によると食べ始めてから、食べ終えるまでの間、一時も目を離さず、「一から十まで」僕の食べる姿を凝視していたらしい。僕はずっと左側に視線を感じており、できるだけそちらに顔を向けないように窓の外などを眺めながら食べていた。気になりだすと食べた気がしなかった。気になりだすと味がわからなかった。味がわからなかったが、それは確かに美味かった(なんでだよ)。僕がよほど風変りな食べ方をしていたのだろうか。好奇心旺盛な2才児には、僕の容姿あるいは食べ方が気になって仕方なかったのだろう。僕のうどんの食べ方から、彼女は何かを学び取っただろうか。かつて僕が子供だった時分、他人のものの食べ方に興味を抱いて観察し、ただ一言「ウケる」と訳のわからない感想を残したように。彼女は何を感じ取っただろうか。彼女の感受性は一体何を。

 僕は見習おうと思う。彼女の観察の仕方を。最初から最後までもれなく観察する。その観察の仕方、そして感受性を見習わなければ。観察力、それを鍛えたら、コンビニに入店してきた男性客が一体何の目的で入店したのかを始めの一歩で予測し、的中させるほどになる。動作の一歩で行動を予測し、顔を見ただけでそいつがどういう人間なのかを理解する。僕が見習うべきは、純真無垢な好奇心の塊なのかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

作品64

 午後3時を過ぎると途端に眠くなってベッドに横になった。気付くと17時になっていた。もう一度今朝の9時に戻してほしい気分だった。僕は目の前に転がっている無限の好機を、無限に逃し続けているような気がしてならないのだ。僕には午後3時の無気力な状態が永年続くのか。うんざりする。しかし、これも自分で選択した結果なのだ。自分なりの冒険の結果。
 そう、僕は自分の人生を冒険的に生きようと試みているのだ。サイコロを振って、丁か半かの賭けをしようというのだ。運が悪いのにも拘わらず。自分の運の悪さを頭脳でカバーしようという友人と違って、怠け者の僕の選んだもっとも気楽な方法なのだ。出目は半々。丁が50%で半が50%だ。勝つか負けるか。何度勝負したか知れないが、今の所自分で持ちかけた賭け事の勝率は0%と言ったところだ。何が丁半50%だ。ふざけんじゃねえぞ、コノヤロー(まさにヤクザな考え方)!

 夕方、気分転換にメンデルスゾーンを聴きながら、”料理”を作っていた。大きくて素晴らしいジャガイモを見つけたので、是非とも食材の味を存分に味わえる料理にしようと思い、腕に縒りをかけて作った。渾身の料理だ。



 これがジャガイモの丸焼きです。

 この画像をmixiに上げて、誇らしげにコメントでも付けようと思ったら、友人がなんとも美味そうな料理をまるで先読みしたかの如く載せていて、僕は今までの勢い、情熱の籠ったヴァイオリン協奏曲ホ単調、作品64第一楽章のような情熱が一目散に我が肉体から逃げ去ってゆき、恥ずかしさで顔が真っ赤になったと思ったら、途端に血の気が引き、また午後3時的な無気力感に襲われ脱力した。僕はmixiを閉じた。マイミクが一人しかいないミクシィ!!!

 結局、友人はこのブログも見ているから、僕の残念な情熱の残骸を眼にすることだろう。ジャガイモの丸焼き!!!素材の味を存分に味わえる作品64!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。