スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポストオフィス

 今日の夜勤は鼻をかむことに始終注力していたようなものだった。前回の夜勤で僕はマスクを着用せずにずっと勤務していた。普通であれば常時マスク着用していたはずなのだ。春になったから風邪など引くはずがない、という全く以て根拠のない理由でマスク着用を怠っていた。油断したとしか言えない。珍しく冬に一度も風邪を引かずに過ごしたというのに。だが、どうも症状が風邪と違うようなのだ。いつもの風邪は喉が痛くなり、咳が無限に出続け、もちろん鼻水は流れ、やがて鼻腔内で凝固し、僕の呼吸を苦しめたはずだ。今はただ滴り落ちる鼻水に苦しめ続けられている。喉に痛みはなく、熱もあまりない。何だこれは?木々の花粉か?
 とにかく体調の悪い状態で働き続けるしかなかった。数秒に一度のペースで鼻をかんでいるものだから、仕事は捗らないし、鼻水を噴出させるほどの呼吸をつづけていた訳だから、体力が持たない。グリコーゲンがあっという間に枯渇し、肉体は運動を拒みたがるものだから、2時間いや1時間ごとに何か食べ物を摂取しなければならない状態だった。持参した1リットルの水がいつもより早く底をついた。長い夜だった。しかし夜は明けた。

 10時半に仕事を終え、帰宅するともう昼になっていた。シャワーを浴びてから、バターを溶かしこんだコーヒーを2杯飲んだ。郵便局に行く用事があったので外に出た。
 受付の郵便局員は態度が悪かった。うまく支払いができない客の老人に対して「だから足りないって、100円」などと簡単な敬語すら使えない有様だった。何様だ。僕の番が来て、切手を2枚くれと言った後、別の要件を言おうとしていたら、間を置かずに値段を言われた。戸惑いながら、他の要件も言おうとしていたら、中年の女性郵便局員はまだ支払いすら済んでいないというのに、それ以前に要件を言い終えていないというのに、後に並んでいた客に「どうぞ」と言って既に招き入れているのである。僕は何か言いたかったが、後ろに2、3人並んでいたし、次の客が早くも僕の真横に圧力をかけてきたので、仕方なしに切手2枚分だけの支払いを済ませて一旦列から外れた。よほど僕が目の真ん丸な、いかにも愚かで鈍重そうな人間に映っていた事だろう。確かに僕は寝てなくて頭は回っていなかったし、何より普段からおどおどしていて挙動不審で、なかなか要件を言わなかったかもしれない。それにしてもあんまりだと思いながら、後に下がった。
 他に振り込みと収入印紙の購入、そして書類の郵送の手続きを必要としていた。もう一度並び直して、順番を待った。自分の番になり、振り込みを済ませようとしたら、別の窓口を案内された(まあ郵便窓口で振り込みは取り扱ってないのは後から考えると当然だけど)。郵便局員も別の窓口に移動して来た。振込の窓口で同時に印紙を購入しようとしたら「窓口が違う」と笑われた。またしても郵便の窓口に並び直した。結局、全部で4回も並び直して、やっと郵送の手続きまで終えたのだった。30過ぎて何も知らない僕も悪いが、郵便局というのは酷く不親切に思えてならなかった。
 窓口を間違えたのは僕のせいかもしれないが、なぜあの郵便局員はまだ用も済んでいないうちから、後ろの客を呼んで、目の前にいた僕を無視するような態度をとったのか。なぜ老人に支払いの不足金を急かしたのか。あの郵便局員はいっつも態度が悪い。
 そういえば友人が、郵便局のやつはクソ(shit)だと言っていたのを思い出した。まだ窓口に客が並んでいるのに、営業時間終了の17時になった瞬間に受付終了の札を立てて、並んでいた客は問答無用で追い返すような態度をとっていたという。にわかには信じ難いことであったが、それはきっと本当の事だと今は思う。
 なんというか、物を知らないからバカにされるのであって、僕もその点非は認めるところである。ただ、あの郵便局員は苦情を言われないのだろうか。言う人は言うと思うし、もし皆が遠慮して言わないのだとしたら、あの郵便局員にとって、そして郵便局にとっては不幸な出来事としか言いようがない。なぜなら郵便局の無知が、自ら認識されない以上、一生改善に及ばないのだから。彼らの未来は暗いとしか言えない。というか、ふざけんじゃねえ。僕じゃない他人と郵便局員が大ゲンカしないかなあ、と期待していたけれど、その時の客は皆大人だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夜勤明けのストレスおよびその解消法~その1~

 夜勤明け。仕事中は凄まじいストレスで胃がキリキリと痛かった(キリキリというのはどういうことだろう)。認知症の方々とコミュニケーションをとることは非常に難しい。ただでさえコミュニケーションが苦手なのに。夜勤が平和に終わる日もあるし、なんらかの精神的な疲労を多く抱えることもある。夜を徹して勤務をすること自体に精神的な疲労はつきものだが、さらに業務上のストレスが加わると、脱毛が促進され、根拠はないが筋量が低下し、より短足になり、体毛が濃くなってしまう。随分毛髪が薄くなってしまった。
 仕事中に「これは何かストレス解消になることを必ずしなければならない」と考えていた。仕事が終わった後のことが途轍もなく楽しみに思えてならなかった。好きなことをして、リラックスした時間を過ごすのだ。

 仕事帰りに職場近くの八百屋でお小遣いを使って野菜を買った。最近は月々のお小遣い(特にいくらと決まっていない。預金残高すべてが僕のお小遣い)を衣類や書物などには一切使わず、食べ物を購入することに使っている。一応、我が家では一か月の食費というのは決まっているが、僕が食材にこだわってしまうと、必ず決まった食費では収まらなくなってしまう。だから、僕は自分のお小遣いを犠牲にして、食材を買うんです。
 帰りの電車内にセロリの匂いを漂わせながら、うとうととしているとほとんど一瞬で自宅の最寄駅に到着していた。八百屋の袋からはみ出したセロリの葉っぱが調理されるのを待ち遠しそうに揺れていた。心配せずとも、帰宅後シャワーを浴びるとすぐに調理に取り掛かった。
 ノンカロリーのモンスターを飲みながら、野菜と鶏肉を刻み、大量の野菜スープを作った。僕にとって、大量の野菜スープを作ることがストレス解消だった。たくさん作り、沢山食べることがストレス解消なのだ。野菜スープだから、無限に食べても、低カロリー。どんなに沢山食べても太らないばかりか、むしろ痩せることができる。

 今日は野菜スープを好きなだけ食べて過ごした。野菜スープはおいしいだけでなく、ストレス解消になるのだ。

 気温が高くて、洗濯物の良く乾く日だった。半袖のTシャツを数枚洗った。暖かで気分がよかったので、猫を風呂に入れた(猫は気分が悪かったろう)。洗っても洗っても無限に毛が抜けた(猫の)。
 夜勤明けの日は大体13時頃には寝てしまうのだけれど、今日は色々やってたら16時頃になっていた。それから3時間ほど寝て起きて、また野菜スープとサラダを食べた。僕の一日は野菜スープだった。ストレスはどこかへ消えてしまった。

 ストレス解消法その1としてこの記事を書いたが、その2があるかどうかもわからない。気が向いたら書こうと思う。日々の生活においてストレスを軽減したり、解消することは重要なことだ。うまくやっていかないと、やりきれないから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。