スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

空中浮遊

 どこに行ってもキンモクセイの香りが漂って来る。とてもいい匂いなのに、なぜか季節的な理由から、ある物事が去ってしまった寂しさを想起させる匂いであると自分で決めつけてしまっていて、この香りを吸い込むと物悲しい気持ちになるのだ。仕事などで家を出るとき、もう二度と「この場所」には戻って来られないような気がして、途端に涙が零れ落ちそうになる。もしかすると明日帰る場所は、こことは違った別の場所なのかもしれない。明日当たり前のように触れる猫の天鼓は実は全く別の縁もゆかりもない三毛猫かもしれない。もちろん、思い過ごしなのだろう。だが、一体誰が僕のこの心配事、不安事を完全に否定できるだろう。



 ある時から人生が喪失の連続であるように感じる。得るものは何一つないような気がするのに、やたらと失われていくことが多く思えて仕方ない。これはまるで老人の言い草か。ここで老人が喪失の連続に満ちていると言い切ってしまうと、僕自身が老人差別の塊、エイジズムそのもののようなものだと白状するようなものだが、自分が32歳を過ぎて決定的に老いを感じ始めたという点で、僕は老人であると言える。「若造が何を言っている、老いとはもっと非情なのだ」と僕の両親や祖父母の代の人々が上から腕組みして見下ろしているかもしれない。確かにそうだ。僕はまだ32歳なのだ。若者の僕は「もう32歳だ、精神年齢はいつまでも12,3歳程度なのに」と溜息を禁じ得ないのに、人生は(病気や事故で死なない限り)まだまだこれからであり、道はどこまでも続いている。

 死んだらどうなるのか。こんなことを考えても答えなんてわかるはずもないし、時間の無駄だとわかっていても、考えずにはいられなくなる。だって、そうじゃないか。この世で体験してきたこと、美しい思い出がすべて無となり、なくなってしまうなんてあんまりじゃないか(クソみたいな体験は消えてほしい。ワガママかな)。この世の苦しみとは一体何のためだったのか。僕は夏よりもずっと早い10月の夕暮れ空を眺めながら、輪廻転生を信じてもいいとさえ思った。僕はこの世の美しさと醜さと、自分の体験した感動とを携えて、このキンモクセイの香りに乗って転生するのだ。後の世で僕はおそらくこの世の記憶を大切に隠して、時に謙虚に時に大胆に暮らすことだろう。
 また僕はこうも考えた。人は肉体と精神が一体となって生きているだけではない、人は死んでも誰かの記憶の中に生きることができるのだと。関わりのある人が死んだらどうなるか。さらにその人と関わりのある人の記憶の中に、生きる訳だから、人が次々に死んでも、記憶の無限の連鎖で、人はずっと生き続けられるのだ。だから、人は死なない。肉体がこの世から消えても、記憶に生命が強く結びついている。人は肉体を失っても最終的に記憶の中に精神を移住して生き続ける事ができるのだ。では天涯孤独の身の人はどうなるのか。知り合いさえ一人もいないとなると。だが、この世に生を受けたのであれば親がいるはずだ。星に漂う親の記憶の中で天涯孤独の者でさえ生き続けることができるのだ。
 一体何を言っているのだろう。だが、時折こうして訳のわからない生命の歌を脳みその中で無限に再生させて、秋の夕暮を憂鬱に舞い漂うのが、僕の癖なのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

月夜

 駅から出て歩いている間にも、月はじっと僕の背中を見ていた。フィリピン人やマレーシア人の働く多国籍のショーパブの建物を過ぎて、信号待ちをしている時になって右手の方を見上げてみると、大きな月が地上を明るく照らしていることにようやく気付いた。いや正確に言うと、右手上方から何かが地上を照らしていることに気付いて、そちらを見たら、その光源が月だったのだ。
 赤信号であるうちは月に見入っていた。信号が変わると前方と月とを交互に見やりながら不安定に歩き進んだ。どちらにも注意しているようで、実は何も見えていない。目の前に大きな穴があったら確実に落ちて、そのまま工事業者が気付かずに舗装してしまうかもしれない。これはどこかの国の出来事だ。もしも照らすものが月以外にない闇の下では十分あり得るように思えた。

 何も疑問に思わないうちは幸せなのかもしれないし、過剰に疑いを持った時は不幸せなのかもしれない。またはその逆であるかもしれない。極めて白色に近い、ほとんど白色であると言ってよいほどの黄色または黄金色いや銀色かもしれない月の光は、ベートーヴェンの月光よりも、ドビュッシーの『月の光』の旋律を脳裏に呼び起こした。どちらの曲もどういった経緯で作られた曲かは全く知らない。ドビュッシーの音色はとても美しかった。ドビュッシーの美しさがその月にぴったりな気がした。数分も経たないうちに月をいわし雲の薄いベールが覆っていった。

 もう9月も終わろうとしている。そのうち、どこかからキンモクセイの憂鬱な香りが匂ってきそうだ。空気が次第に冷え冷えとしてきた。特に夜などは気付けば震えている。猫も布団で寝ることが増えてきた。秋も深まりつつある、未だに夏の名残りの暑気を漂わせてはいるが。しかし夜などは特に秋だ。秋としか言いようのない秋。いずれ四季の中でも一番弱弱しいような気さえする秋も去ることだろう。生命が次第に消えていく心寂しい秋が過ぎると、冬が来る。冬は寒さの中に孤立した生命をより強く感じられることだろう。さまざまな生命が光を放ち、温かに輝いている。強い輝きで突き進んで行こうとする生命の光線が、冬の先の先まで伸びようとしている。その先の新しい生命の芽吹く春、より濃い生命の息づく夏、生命の去る秋、生き残った強い光の冬、一体いつまで自分の生命の光線は伸びているのだろうか。一体いつまでグズグズと生きながらえるつもりだろうか。
 つい最近「8月がどこかへ行ってしまった」と言ったばかりなのに。9月までもが一瞬で走り去る。自分が何をやっていたのかよく覚えていない。何も達成することなくまた一月が過ぎてしまう。もやもやとした光線が歪んだ空間を弱々しく、いつ途絶えるともなく伸びて行く。

 一体僕は何をやっていたのだろう。もうこれは僕の口癖のようになりつつある。進展はないのか。昨年の僕の予定では現在の僕はより大きく膨らんだ満ち足りたものであるはずだったが、逆に萎み縮んでしまっている。これは一体どういうことだ?
 唯一の進展は『ゴッホの手紙』でやっとゴーガンがゴッホの元にやって来たことだ。しかしゴーガンはすぐに去ってしまったし、ゴッホは監視人付の独房にぶち込まれてしまった。人生はうまく行かない。いいようになれば、いいようになっているはずなのに、いいようにならないのだ。

 明日は夜勤だ。いつか、こんな仕事辞めてやりたい。でも、僕はこれが死ぬまで続くような気がする。暇であればあるほど、死ぬまで現状が続いてゆくのだと考え続けて、狂いそうになるから、何も考えないように体を動かしたり、月を見て美しいと思ったりするのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ディソーダ―

 朝から精神力ゲージが限りなく0に近い1ドットのまま通勤電車に乗った。電車内に一時的に排泄物のようなニオイが立ち込めた。やりきれなくなった。全力で叫びたかったが、見えている風景が色彩を失っていった。呼吸が苦しくて、手足がしびれてきた。ああ、まずいと思い、呼吸を一定のリズムで意識的に刻んだ。頭がふわーッとした。すぐに目を閉じて視覚を潰し、余分な力を使わないようにして、ただ呼吸のリズムを整えることだけを考えた。
 電車を降りて、無気力で血色のない無脊椎動物的な感覚で職場までの約10分間の道のりを歩んだ。無脊椎動物的とは一体どういう感覚だよ、という当たり前の問いを発せず、あなたはただ今日の僕の無気力、そして無関心な徒歩を想像してみて下さい。それは単なる週の始めの憂鬱な通勤となんら変わりないものと感じるかもしれない。でも、違うのだ。月曜日のくそったれな鬱的なものよりもさらに世界を真っ白に変えてしまうほど、僕は元気がない。昨日も一昨日もその前もその前も僕は元気がない。原因はよくわからない。何もしてなくても気分が落ち込むのだ。
 駅を出ると高校生たちが列を成して、彼らの学校がある方向へと、早朝の沈黙のさなか、まるで無考えにその青春を当然のものと思っている風に歩んでゆくのだ。その当然の青春はいつしか当たり前に過ぎ去ってゆくのだ。彼らの黒い頭のうち、幾人かは十数年後にはもう一部分的に肌色になって、脂ぎっているだろう。さらに幾人かの表情は変質者的になり、ガラス窓に映る自分の表情に嫌悪するだろう。ガラス窓や鏡から視線を逸らすものの、その変質者的な表情は印象的で、自分自身の顔面にも拘わらずショックを受け、脳裏に焼き付けられ、思わず目を閉じても暗闇に浮かび上がるだろう。俺はいつの間にか最も嫌悪する存在になってしまった!あの青春の胸を焦がすほどの輝きは失われてしまったのだ!これは俺が最も恐れていた喪失体験ではないだろうか!彼はいつ自分が自分の意図しない方向へと転がってしまったのか呆然として後ろを振り返るだろう。い、いつ?

 仕事など手に付かなかった。僕は気持ちの悪い作り笑いで誤魔化して帰って来た。ああ、もう嫌だ。僕はまた通いなれたはずの職場で挙動不審になっているのだ。うろうろと歩き回るのだが、一体何の目的で歩き回っていたのか思い出せない。冷房も効いていないリビングで次第に汗を滲ませた。体から嫌な匂いが立ち上ってくるのを感じ、じりじりとしていた。額から毛髪の薄くなった部分にかけてが余計に脂ぎってくるのを感じた。額の汗や脂を拭っていると、職場の優しい女性スタッフが「暑いですね」と声を掛けてくれたが、僕はまた痴漢のような不審な笑みを浮かべ、「そうですね」と気色の悪い返事をした。一刻も早く引きこもらなければ、人々の視線や、社会的な空気が、恐ろしく強力な紫外線や猛毒の黒カビのように襲ってきて、1分と持たずに死んで白骨化してしまいそうだった。



 僕はただ、こういう風にリラックスして空を見上げたいのだ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

無眠主旋律公園

 巨大な欠けた茶碗に水が満ちている。朝目覚めた時からすぐにその茶碗に浸かっているような感覚だ。全く力が入らない。休みだから何もせずに過ごしてもよかった。クラゲのように脱力した状態で僕は体をなんとか動かして、掃除だとか猫草植えだとか必要な事を済ませた。午前10時にカップ焼きそばとご飯を食べた直後、僕は体調がおかしくなった。なぜカップ焼きそばとご飯という炭水化物のコンボを食べてしまったのだろう。胃の辺りにどろどろとした不快な何かがいつまでも残っている感じだ。益々やる気がなくなった。ベッドに横になるとそのまま寝てしまった。

 午後、妻がバーゲンに行くと言った。僕は行かないと初めは言い張ったが、「車で行く、助手席に乗っていたらいい」というので着いて行くことにした。



 博多駅前には山笠が飾られている。



 バーゲンではタオルハンケチを二つ買った。汗の流れる季節だから、タオルは何枚あっても困らない。食器コーナーで有田焼だったり、唐津焼きだったり、バカラのグラスをじっと眺めた。お香のお店で挙動不審に香の香りを匂ってみたりした。阪急で開催されている夏の関西うまいもん大会で変質者的に歩き回り、試食をしてきた。初めは乗り気ではなかったけれど、これが結構いい気分転換になった。

 でも、なぜこんなに気分が落ち込むのだろう。元気が全然出ないし、やる気がないし、ずっと眠ろうと思えばずっと眠られるほど眠いのだ。生ける屍のごとく、生きたミイラのごとく、僕は虚ろに過ごすだけだ。今頑張ってブログを書いている。明日早いからもう寝よう・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は猫草を植えました

 この3日間というもの、暇だったので或るモラルについてずっと瞑想を続けていた。ある物事について時間をかけて考えることが好きなのだ。考え続けていたら、他のことなど手に付かない。気付くとブログも3日間更新していなかった。更新していたつもりだったが、なぜか更新できていないのだ。沈思黙考が度を越え、時間の概念をも消し去ってしまったからだろう。というのは嘘で、久しぶりに昼勤が3日続いて疲れ果て、帰宅するとバッタリと床に倒れて眠ってしまったのだった。世の中の人は平日5日間、あるいはそれ以上ずっと働いているのに、僕は3日で音を上げてしまった。いや、実際には1日を終えるごとに疲労困憊で床に仰臥していた。なんとも情けない根性をしている。薄れゆく意識の中で自分の仕事が性に合っていないと思いつつも、ではなぜ他の事を始めないのかと自分の行動力のなさに不機嫌になるのだった。僕は浮浪者のように床に転がって微動だにしなかったが、将来に対するぼんやりとした不安になんとか抗おうともしていた。頭の中のもろい崖はいつも崩れつづけていた。

 今日は今日で朝から不機嫌に車を運転していた。昨日書き忘れていた書類を書くためだけに職場に行かなければならなかった。起きたばかりで朝食も摂らずに出かけたので、明晰さが欠けており、もともと不安定な運転がさらに不安定になった。日曜日の早い時間だったのでそれほど交通量は多くなかったので助かった。職場の駐車場では何度切り替えしても真っ直ぐに駐車できなかったので諦めた。

 家の駐車場に戻って来た時、妻がサッカー観戦に出かけて行った。僕は駐車に苦戦していた。酷い頭痛がした。その頭痛は一日中続いている。我慢ができずについに頭痛薬を服用した。ほとんど一日中寝ていた。一切のやる気を喪失してしまったかのように。何もかも投げ出してしまいたい。そんな時もある。そんな時が今日だった。

 夕方、脈打つ頭痛に耐えて猫草を植えた。奮発して2つの鉢に植えた。今日はこれくらいしかしていない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。