スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月を撃ち落す

moon20140415.jpg

 昨夜の月。昨日は月食で、月が赤くなっていたらしいけれど、空を見上げてみるとすでに終わっていた。残念に思いながら、三脚を立てて、ミラーレスカメラで撮影した。最初は月の影はまったく写らなかった。

moon20140415_1.jpg

 オートで撮影すると光が強くなってしまう。

moon20140415_2.jpg

カメラ:sony NEX-5R
レンズ:SEL55210
シャッタースピード1/4000
ISO感度:800

 シャッタースピードを速くして、取り込む光の量を少なくすると、このようにクレーターの影?も写るらしい。うーん、写真撮影は難しいな・・・。どんな設定が適切なのか全くわからない。でも、設定を変えると、写り方が変わってくるから、面白い。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

シブヤと不思議な二人組

hyoutanomikuji001.jpg
 写真屋さんに行き、最近の写真を現像してもらった。
 SDカードをコンピュータで読み取ると、2090コマもの写真があった。読み込みだけでもかなり時間がかかった。現像する写真選びにも時間がかかってしまった。次のページを表示させる度に読み込みが始まり、全209ページを見終わるまでに相当な時間がかかった。その割に、現像する対象の写真は90枚程度だった。

 写真の注文を終えると、出来上がるまでの間に食事を済ませようと思い、マックに寄った。席に座って、周りをキョロキョロと怪しく見回しながら、ジャンクを頬張った。書店で気になる本を一冊購入し、できあがった写真を受け取りにいった。写真屋に入ると、デジタル一眼レフのパンフレットがあったので、もらってきた。パラパラとそれを眺めていると、喉から手が出てくるような気がした。しばらくはパンフレットを眺めて暮らそうと思う。

 これは昨日行って来た大宰府で撮影した写真。ちなみにここで引いたおみくじは小吉だった。書かれている内容は悪くなかった。

dazaifu001.jpg
 祝日ということもあり、人が多かった。お宮(賽銭箱の前)には行列ができており、僕も割り込みせずに順番待ちして、二礼二拍手一礼し、お願い事をしてきた。どうか、充実した1年になりますように。

fudeduka001.jpg
 学問の神様、菅原道真公が祀られている大宰府天満宮。筆塚の石碑があった。きっと四六時中、頭もハゲるほど勉強していたに違いない。僕は勉強をしていないのにハゲてしまった。今年は勉強を少し頑張りたい。ちなみに参道の途中に筆屋さんを見つけた。バクザン先生が使うような大きな筆が(展示?)売られていた。いいなあ、と思い、僕は指を咥えて眺めていた。

mikosan001.jpg
 巫女さんの後ろ姿を目で追う。

ushisan001.jpg
 牛さんの像が把握しているだけで、3体ある。入り口付近にある大きな牛さんは、参拝客たちに触られまくって、ピカピカと輝いている。来た時は混んでいて、触ることができなかったため、帰りに触った。頭がよくなりたいので、頭を沢山撫でた。次に、腰を痛めないように腰を撫でた。あまりにしつこく撫でていたために、後ろに並んでいた参拝客がなかなか触れずにいたらしく、一緒にいた彼女に「恥ずかしい」と言われてしまった。この写真の牛さんは昨日初めて発見したもので、けっこう小さなものだ。遠目に見ると不思議な感じのする牛さんだ。

umegaemochi001.jpg
 大宰府と言えば、梅が枝餅。茶屋に入り、餅と抹茶のセットを購入。16時前だったが、閉店前らしく、店内をウロウロして、どの席に着こうかと迷っていると、「お客様、できるだけ前の方の席に座ってください」と言われた。以前、17時頃に別の茶屋に入ったことがあるけれど、その時は注文すると、店員のおばちゃんが「ええ、マジで?」と凄まじく不機嫌な表情をし、舌打ちをして、オーダーを取っていったことがあった。僕はマギー審司のようにびっくりした顔をしたのだったが、店員は本気で怒っていた。僕は「じゃあ、店閉めろよ」と言いたい気がした。

boku001.jpg
 えーと、僕は太ってしまった。最近、体重を計ったいなかったから、あまり気にしなかったけれど、顔が丸くなったのを写真で見ると、酷いものだと思う。今年はダイエットも頑張らないと。

dazaifucat001.jpg
 別にこのお店に寄った訳ではないけれど、屋根の上が気になって仕方なかった。

 今日は実家で撮影した写真も現像して、さきほど実家に送って来た。外を歩くと気持ちが良かった。

「シブヤはたった一人だった。大学に入学したが、彼の周りには誰もいなかった。人を避けていた訳ではない。むしろ、彼なりに努力して、友達を作ろうとしていた。シブヤは社交的だったし、喉から手がでるほど友達を欲しがっていたのだ。講義などで隣に座った人に話しかけたり、構内ですれ違った人に道を聞くなどして、きっかけを無限に生み出そうとしたのだ。しかし、世の中にはどうしようもないことだってあるのではないか。あらゆる手を講じても、すべて外れることだってないとは言い切れない。彼の場合、運が悪かったのだ。それだけだ。それしかない。」

 そんな物語を頭の中でやりたい放題に作り出し、僕は空を眺めて帰って来た。暇だから、空を見上げて、心の中の無秩序な世界を楽しんで、独りでニヤニヤしながら、周囲を見回しながら、ただ歩いていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ハトを撃ち落す

hatopoppo001.jpg

 1日中眠くて何も手につかない。午前中に近くの神社に生えている楠の木の写真を撮りに行ったが、体がきつかった。飛んできたハトにカメラを向けると、手が震えた。ハトに接近して撮影しようと思ったが、用心深いハトで、かなり距離があるにも拘わらず、逃げてゆく。近寄ることは諦めて、しゃがみ込んで、撮影していた。屈むのに疲れてしまい、立ち上がると、ハトが飛び立つと同時に立ちくらみがした。飛び立つチキンなハトを撮ってやろうとして、カメラをその方向に向けながら、映画のA.シュワルツェネガーのように力任せで、投げやりな感じでシャッターを押した。もうめちゃくちゃだ。写真とは一体なんなのだろう。

hatopoppo002.jpg
右下の方にハト(らしきもの)が写ってるな。液晶も見ずに撮ったが、その時の姿はおかしなものだったろうなあ。

 家に帰り、撮った写真を見返したが、楠の木の写真なんて1枚もなかった。僕は何をしていたのだろう。

 ここのところ、昼間に働いた記憶がない。2週間近く、夜間の仕事ばかりしている。休みの日の昼間は何かを考えようと思っても、何も考えられず、目を開けたまま眠っているような状態になって、日が暮れていたりする。今日はどうやら洗濯だけは済ませていたようだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。