FC2ブログ

ヘッドショット

 その日の15時半過ぎに職場に向かって歩いていた。いつもより体が重い気がした。今日が夜勤だなんて信じられない気分だった。しかし、何度シフトを確認しても夜勤に変わりなかった。職場に行けば、もしかすると変更されているかもしれない。ひとまず出勤してみるしかなかった。職場に行くと上司がやってきて「君、今日は夜勤でなく休みのはずだよ」と言ってくれるはずだった。しかし、上司は一向にやって来ない。彼は休みだったから来るはずがないのだ。僕は自分が夜勤で出勤していること、上司が僕に夜勤ではないと告げに来てくれないことに愕然としていた。勤務開始と同時に始まる申し送りをぼんやりと聞き過ごしていた。何も頭に入って来ない。訳のわからない事を言ってやがる。はっきりと言ってくれ、僕は夜勤ではないと。

 申し送りが終わって、持ち場についてもまだ自分が夜勤であることを俄かには信じ難い心境であった。時間が流れ、自分が夜勤の仕事を黙々とこなしていることに気づいてもまだ信じられない。いや、信じたくないのだ。とにかく、休憩まで頑張ろう。2時間の仮眠の間に僕は呼吸を整え、瞑想して心と体の調子を回復させることができる。2時間あればできる。

 0時半になり、僕はあと30分ほどで休憩に行けるのだと思い、それから仕事そっちのけで時計を眺めるという作業に入った。時計は思った以上に進んでくれない。時間と言うものはスムーズに流れてはいないのだ。一見滑らかに川の流れのように進む時間も、実は時に大げさに歩を早めるし、殺したくなるほどゆっくりとなり立ち止まることさえあるのだ。そう、殺意を抱くほどゆっくりと。
 やっと15分経ったところだった。内線が鳴った。それは業務多忙を告げるものだったが僕はしばらく何を言っているのかわからなかった。理解できたことは僕の休憩がお預けになったということだけだった。僕は自分が夜勤であることが信じられないう上に休憩すらとれないかもしれないということがまた信じられなかった。一体これはどういうことだ。

 結果としてなんとか1時間の休憩は確保することができた。僕は休憩中に1年ほど前から心と体のために始めたプロテインを摂取し、ビタミン剤を飲み込んだ。残念なことに仮眠と言えるものはなかった。瞑想を試みた。声が聞こえた。「嘘だ、嘘だ、嘘だ!」それは自分の声だった。気が付くと業務に戻っていた。見飽きるほど見てきた職場の風景がどこか違って見える。まるで嘘のようだった。そうだ、これは全部嘘なんだ。これはCGか何かだ。映像だ。何を見せるんだ、やめろ!

 夜勤を終えて家に帰っても僕が夜勤をしてきたなんて信じられなかった。そして、これからも夜勤をしなければならないという事実を信じたくなかった。嘘だ。すべて嘘なんだ。僕は現実逃避に終始した。
 昼になるとベッドに入った。スナイパーのゲームをやった。犯罪者が一般人に紛れて街にいる。そいつらを撃ち殺すのだ。シンプルなゲームだ。犯罪者たちに罰を与えているうちに寝てしまった。犯罪者の多くはスキンヘッドだった。一体誰が罪を犯し、誰が罰を受けているというのだ。ふざけるな。

 目覚めてみると17時前だった。サイレンと同時に猫がメシを要求する。酷く怠かった。頭も少し痛い気がした。気分が悪い。猫にメシを与えると、頭がはっきりするまでしばらく時間がかかった。これは夢かもしれない。だが現実だった。痛い現実だ。クソ!と思いながら、僕はゲームで僕によく似たスキンヘッドの男の頭を撃ち抜いて殺した。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

滞納

 住民税の徴収方法が「特別徴収」というのから「普通徴収」に切り替わっていた。つまり、給与から天引きされなくなっていた。会社を退職した際に起こる現象である。僕個人宛に住民税の納付書が届いていた。市民税・県民税を払え、と福岡県とそれに属する某市が怒っていた。でも僕は納付書が届いているにも拘らず、天引きされるだろうと思って無視して放置していた。ところが住民税は一向に天引きされる気配はなかった。そこで天引きしてもらうように会社の事務に申し出た。事務のお姉さんは笑顔で快く引き受けてくれた。

 しかし、第一期目の納付期限が過ぎていた。その分に関しては天引きはできないので、個人で払い込んでくれと言われた。その日の午後20時近く、誰も出ないだろうと思いつつも市役所に電話した。男性が電話に出た。「住民税をですね、滞納したようなんですよ」と唐突に切り出した瞬間、「明日電話してくれ。営業時間外だ」と言って電話を切られた。当然と言えば当然だ。

 今日、出勤前に市役所に出向いて住民税を払い込んだ。延滞金はいくらだ、と聞いたら、期限が切れて間もないので延滞金はないと言われた。これで人生における面倒事の一つを解決した。

 面倒な事は一つ解決したと思ったら、一つまた一つと発生していく。一つ一つ潰していくうちに、老いさらばえていく。まるで面倒事を潰すために生まれてきたかのように。潰すぞ、と言って生きていくんです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

弁当持参

 仕事には慣れてきた。とはいえ、毎日疲れてブログはサボりまくっている。PCの電源を入れるのは久しぶりだ。
 仕事が続けられそうかと聞かれることもあるが、続けるしかないと思っている。嫌なこともない訳ではないが、仕事に行きたくないとも思わないし(本当は仕事になんか行きたい訳がない)、もう自分には後がないと言い聞かせて一日一日やることにしている。なかなか大変な仕事だが、余計な悩み(電車通勤)などがなくなったので、精神的にも、肉体的にも、前の仕事よりは余裕がある。

 前の職場と違って、より体力を消耗するので、食べる量が増えた。
 職場での昼食には自分で作った弁当を持参している。前の仕事の昼ごはんはパン一つとか、弁当もおかずのみだったりしたが、今はご飯とおかず、それとフルーツを持って行っている。自分で作っていると言っても、市販のミートボール(体に悪そう)とか、カットしたトマトとか、ちくわとかをそのまま弁当に詰めたりしている(作ってねえじゃねえか)。それでも玉子焼きだけは自分で作っている。それを見た職場の人に「上手だね」と言われた。キレイに作ろうとは思っていないが、普段作らない人からしたら、上手に作っているように見えるのだろう。こうして食費を節約しているはずなのに、なぜか金欠なのだ。なぜだろう。誰かに盗まれている事をまず疑ってしまう。返してほしい気分だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

くもりそら

 新しい仕事が始まって2週間が経過した。仕事が覚えられずにウロウロしている日々は続く。そんな時は「今何をしたらいいですか?」とバカのように質問しているし、僕はバカなので聞く以外に手はない。職場の人たちは今のところ優しいので、質問にはちゃんと答えてくれる。人の名前を1日1人ずつ覚えるように努力している。自分で名前を呼べば大体覚える。人に話しかける機会があれば、名前も呼ぶようにしている。名前を間違えると変な人だと思われるので、名前を呼ぶ声が自信のない小さな声になり、聞こえずに無視されてしまうこともある。もしかすると聴こえているのに無視されているのかもしれないが気にしない。

 なかなか仕事が覚えられないし、とても疲れる。でも、簡単には折れない。今のところは折れていないし、折れるつもりもない。仕事が終わると疲れすぎていて、家に帰るとそのまま床に横になって寝ることもある。グリコーゲンが枯渇しているためか、自宅に帰るまで我慢しきれずに、帰り道にアイスクリームを買って食べながら歩いている。よくモナカのアイスを食べているから、近所ではモナカと言われているかもしれない。

 休日は脳みそが明晰でない。頭を使うことがなかなかできない。疲労を回復させることを第一に考えている。食べたいものを食べ、ビタミンCを多く摂るようにしている。休みの日くらい晴れてくれてもいいのに今日は曇りだ、クソ!などと思いながら、芳しくない株価をぼんやりと眺め、これもダメだと嘆きながらも、ゆっくりできることを嬉しく思っている。洗濯物は真っ白い外気の中でなかなか乾かずに焦れったそうに微かに揺れているが、僕は午後の晴れマークに期待している。結果、乾けば勝ち、乾かなければ負け。こんな休日も悪くない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

疲労

 新しい仕事が始まって1週間が経った。未だに仕事が覚えられていないし、一緒に働く職員の名前すら覚えていない。でも、焦らず一つ一つできるところから覚えて行こうと思っている。職場の人たちは新人の僕一人の顔と名前を覚えるだけだから楽なのだが、僕は100の職員の名前と顔、100の患者の名前と顔と身体的な特徴、病状、家族の顔までをも覚えなければならないのだ。そんなに簡単に覚えられるはずがない。しかも職員は常にマスクをして働いているから、マスクを取った時の顔がわからない。休憩時間にマスクをとった顔を見ると、想像していた顔と違う。外で逢って、話しかけられたら「失礼ですが、どちら様でしょうか」と言うことになってしまう。本当に失礼だ。

 日毎に疲労が蓄積されていく。そして、日毎に朝起きるのが辛くなってきた。それなのに今日は5時半頃目が覚めた。体が起きる時間を覚え始めたらしい。ベッドの中でぼんやりとして6時半には起き出して、ミキサーでジュースを作って飲んだ。回復のためにはビタミンCが欠かせないので、小松菜をジュースに入れた。小松菜にビタミンCがあるかわからないが、あるような気がした。休日は疲労回復に努めなければ、体が持たない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR