FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヘッドショット

 その日の15時半過ぎに職場に向かって歩いていた。いつもより体が重い気がした。今日が夜勤だなんて信じられない気分だった。しかし、何度シフトを確認しても夜勤に変わりなかった。職場に行けば、もしかすると変更されているかもしれない。ひとまず出勤してみるしかなかった。職場に行くと上司がやってきて「君、今日は夜勤でなく休みのはずだよ」と言ってくれるはずだった。しかし、上司は一向にやって来ない。彼は休みだったから来るはずがないのだ。僕は自分が夜勤で出勤していること、上司が僕に夜勤ではないと告げに来てくれないことに愕然としていた。勤務開始と同時に始まる申し送りをぼんやりと聞き過ごしていた。何も頭に入って来ない。訳のわからない事を言ってやがる。はっきりと言ってくれ、僕は夜勤ではないと。

 申し送りが終わって、持ち場についてもまだ自分が夜勤であることを俄かには信じ難い心境であった。時間が流れ、自分が夜勤の仕事を黙々とこなしていることに気づいてもまだ信じられない。いや、信じたくないのだ。とにかく、休憩まで頑張ろう。2時間の仮眠の間に僕は呼吸を整え、瞑想して心と体の調子を回復させることができる。2時間あればできる。

 0時半になり、僕はあと30分ほどで休憩に行けるのだと思い、それから仕事そっちのけで時計を眺めるという作業に入った。時計は思った以上に進んでくれない。時間と言うものはスムーズに流れてはいないのだ。一見滑らかに川の流れのように進む時間も、実は時に大げさに歩を早めるし、殺したくなるほどゆっくりとなり立ち止まることさえあるのだ。そう、殺意を抱くほどゆっくりと。
 やっと15分経ったところだった。内線が鳴った。それは業務多忙を告げるものだったが僕はしばらく何を言っているのかわからなかった。理解できたことは僕の休憩がお預けになったということだけだった。僕は自分が夜勤であることが信じられないう上に休憩すらとれないかもしれないということがまた信じられなかった。一体これはどういうことだ。

 結果としてなんとか1時間の休憩は確保することができた。僕は休憩中に1年ほど前から心と体のために始めたプロテインを摂取し、ビタミン剤を飲み込んだ。残念なことに仮眠と言えるものはなかった。瞑想を試みた。声が聞こえた。「嘘だ、嘘だ、嘘だ!」それは自分の声だった。気が付くと業務に戻っていた。見飽きるほど見てきた職場の風景がどこか違って見える。まるで嘘のようだった。そうだ、これは全部嘘なんだ。これはCGか何かだ。映像だ。何を見せるんだ、やめろ!

 夜勤を終えて家に帰っても僕が夜勤をしてきたなんて信じられなかった。そして、これからも夜勤をしなければならないという事実を信じたくなかった。嘘だ。すべて嘘なんだ。僕は現実逃避に終始した。
 昼になるとベッドに入った。スナイパーのゲームをやった。犯罪者が一般人に紛れて街にいる。そいつらを撃ち殺すのだ。シンプルなゲームだ。犯罪者たちに罰を与えているうちに寝てしまった。犯罪者の多くはスキンヘッドだった。一体誰が罪を犯し、誰が罰を受けているというのだ。ふざけるな。

 目覚めてみると17時前だった。サイレンと同時に猫がメシを要求する。酷く怠かった。頭も少し痛い気がした。気分が悪い。猫にメシを与えると、頭がはっきりするまでしばらく時間がかかった。これは夢かもしれない。だが現実だった。痛い現実だ。クソ!と思いながら、僕はゲームで僕によく似たスキンヘッドの男の頭を撃ち抜いて殺した。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

儲けたいのにお金が逃げていく

 10時間ほど寝ていた。昨日は夜勤明けで日中2時間ほどは横になったのだが、運動をしたり家事をしたりしたので疲れ切っていた。今日も疲労が残っている感じがする。夜勤をすると翌日も少し調子が狂ったようだ。いつもいつも調子が狂ったようだ。本当は夜勤なんて関係ないのかもしれない。

 一日につき、何か一つ行動を起こさなければ、その一日を無駄にしているような気がする。今日の一つの行動として、某証券会社の口座を開設した。前から某証券会社の口座を開設しようと思っていたのだが、手続きが面倒なので、そのままにしておいたのだった。手続きと言ってもスマホで簡単にできるのだから面倒な事とは言えない。これを面倒と言ってしまえば何もできないだろう。とにかく何かにプラスになればいいと思った。
 確かにプラスになっている。証券口座の数が一つ増えたのだ。お金の方は増えるどころか、ここのところ下落続きで保有株の価値が格段に下がってしまっている。なんとかしなければ。とはいえ、生活に支障をきたすレベルでお金を注ぎ込んでいる訳ではないから、これ以上株式投資に使う額を増やす訳にはいかない。あくまでもお金に余裕のある状態で、少ないお小遣いから投資する額を決めなければならない。今のところ、先月ちょっとした失敗をして散財してしまったので余裕はないのだ。

 失敗というのは飛行機に乗り遅れてしまったことだ。チェックインできなかった。成田空港行の電車に乗っていたのだが、僕は居眠りしていた。妻が「ここだよ」と言ったので降りてみるとそこは成田空港の一つ前の第2ビルだった。妻は同じ空港内なのだから、そこでいいと思い込んでいる様子だった。「しまったー」と叫びたかった。歩き回ってみたが、国内線のカウンターが見つからなかった。「これは間に合わんな」と妻は諦めている。ウロウロしてると一人の男性が警備員に「第1ターミナルに行くにはどうすればいいか」と訊いていた。「あのバスに乗ればすぐですよ」という言葉を耳にして、その男性の後に着いていってバスに乗った。「間に合いそうやね」と妻は安堵した様子だった。すぐにチェックインに向かった。が、自動チェックイン機が動いていない。入り口も閉じられていた。チェックインは出発35分前までとなっており、8分ほど遅刻していたのだった。まだ飛行機は手の届きそうなところで待機しているというのに。格安航空で来たのに、格安航空のチケット代を払った上にANAの当日チケットを買って、予定より1時間遅れて帰ることになってしまった。当日買ったANAのチケット代は凄まじかった。我々夫婦は二か月断食しなければ取り返せないほどの額だ。

 株で儲けてチケット代が取り返せたらよかったのに株も下がってしまった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ノート型の悪循環

 少し前にパソコンが壊れた。安いノートPCだったが、起動が早くて便利だと思っていた。便利だと思っていたくせにあまり活用できないまま壊れてしまった。2年も使っていないのに。もしかしたら最初からジャンク品だったのかもしれない。とにかく、今では完全にジャンクなのだ。
 パソコンが壊れたからブログの更新が止まっていた訳ではない。ただ、サボっていただけなのだ。ブログ開設当時は「よーし、毎日更新するぞ!」と言って、すぐにサボったりしていた。毎日更新した月もあった。でも大体サボってばかりだった。長続きしない。

 最近、友人にパソコンを選んでもらって買うことにした。パソコンと言えばノート型ばかり買っており、しばらくすると使わなくなってジャンクになるか、時代遅れの(動作の遅すぎる)PCになってしまっていた。なぜノート型を買うのか。

持ち歩けて便利。
スペースを取らない。

 そういった理由からだ。しかし、ノート型というのはスペースを取らない分、いつも家のあまり行かない場所(どんな場所だよ)に押し込められているからコタツの上に持って来て起動するのが面倒になってしまう。面倒だから持って来ない。iPhoneばかり使う。iPhoneだけで十分になる。結果、ジャンクになる。iPhoneはiTunesが使えないと困る。ノート型PC購入。そしてジャンクになる。この循環が出来上がってしまっている(iPhoneが悪いような気もしてくる)。スペースを取らないと言っても、スペースは必要な訳で、普段置く場所と、使う場所の二つが必要になるからスペースは2倍必要なのだ。おかしな話だが、そうなのだ。普段置く場所で作業しないから使わなくなる。普段置いている場所が作業しやすい環境であれば家のあちこちに持って行かなくて済むのだ。
 持ち運びできるのが便利と言っても、僕の持っているノート型は家から一歩も持ち出したことがない。持ち出したと言っても引っ越しの時くらいだ。外で作業をすることなどない。持ち運べることが良いとは限らない。大事なことはパソコンの定位置を決めてやることなのだ。作業しやすい環境、スペースを確保する。これが大事だった。持ち運びなんてデスクトップでもやろうと思えば力任せにできてしまう。家の中なら。

 という訳で、今回はデスクトップPCを買った。スリム型と言われるものらしく、僕の父親が初めて買ったアプティバに比べると、かなり小さい。たった今、ウィキでアプティバのページを見たら、懐かしい写真が載っていた。まさしく父親が買ったものと同じものなのだ。僕の買ったものはアプティバに比べると起動時間も早く、使いやすい(当たり前だ)。むしろ起動時間と言えるほどの時間がかからない。電源ボタンを押した瞬間にもう使える状態になるから素晴らしい。買ってよかったと言えるだろう。
 今回はちゃんと作業スペースを無理矢理確保した。妻を説得して、「ここに置くんだ」と言ってねじ伏せた。妻は「私の場所はないのにズルい!」とか何とかブツブツ言っていた。値段もはっきりとは教えず「結構いいやつを買うことにした!」とだけ言った。「いいのなんて買わんでいい」と言われたが、いいものを買わないとすぐにジャンクになるのだ。いいものはいい。それでいいではないか。

 このパソコンは投資である。決して無駄遣いではない。無駄遣いとは言わせないように、僕は努力しなければならない。パソコンの元を取れるように、これから活用していきたい思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

滞納

 住民税の徴収方法が「特別徴収」というのから「普通徴収」に切り替わっていた。つまり、給与から天引きされなくなっていた。会社を退職した際に起こる現象である。僕個人宛に住民税の納付書が届いていた。市民税・県民税を払え、と福岡県とそれに属する某市が怒っていた。でも僕は納付書が届いているにも拘らず、天引きされるだろうと思って無視して放置していた。ところが住民税は一向に天引きされる気配はなかった。そこで天引きしてもらうように会社の事務に申し出た。事務のお姉さんは笑顔で快く引き受けてくれた。

 しかし、第一期目の納付期限が過ぎていた。その分に関しては天引きはできないので、個人で払い込んでくれと言われた。その日の午後20時近く、誰も出ないだろうと思いつつも市役所に電話した。男性が電話に出た。「住民税をですね、滞納したようなんですよ」と唐突に切り出した瞬間、「明日電話してくれ。営業時間外だ」と言って電話を切られた。当然と言えば当然だ。

 今日、出勤前に市役所に出向いて住民税を払い込んだ。延滞金はいくらだ、と聞いたら、期限が切れて間もないので延滞金はないと言われた。これで人生における面倒事の一つを解決した。

 面倒な事は一つ解決したと思ったら、一つまた一つと発生していく。一つ一つ潰していくうちに、老いさらばえていく。まるで面倒事を潰すために生まれてきたかのように。潰すぞ、と言って生きていくんです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

弁当持参

 仕事には慣れてきた。とはいえ、毎日疲れてブログはサボりまくっている。PCの電源を入れるのは久しぶりだ。
 仕事が続けられそうかと聞かれることもあるが、続けるしかないと思っている。嫌なこともない訳ではないが、仕事に行きたくないとも思わないし(本当は仕事になんか行きたい訳がない)、もう自分には後がないと言い聞かせて一日一日やることにしている。なかなか大変な仕事だが、余計な悩み(電車通勤)などがなくなったので、精神的にも、肉体的にも、前の仕事よりは余裕がある。

 前の職場と違って、より体力を消耗するので、食べる量が増えた。
 職場での昼食には自分で作った弁当を持参している。前の仕事の昼ごはんはパン一つとか、弁当もおかずのみだったりしたが、今はご飯とおかず、それとフルーツを持って行っている。自分で作っていると言っても、市販のミートボール(体に悪そう)とか、カットしたトマトとか、ちくわとかをそのまま弁当に詰めたりしている(作ってねえじゃねえか)。それでも玉子焼きだけは自分で作っている。それを見た職場の人に「上手だね」と言われた。キレイに作ろうとは思っていないが、普段作らない人からしたら、上手に作っているように見えるのだろう。こうして食費を節約しているはずなのに、なぜか金欠なのだ。なぜだろう。誰かに盗まれている事をまず疑ってしまう。返してほしい気分だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

たびびと

Author:たびびと
こんにちは、たびびとです。
ようこそ、ぼくのブログへ。

介護職員のバイトをしています。
時間がいっぱいあるので、ブログ始めてみました!

広告
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。